ブログやサイトのカスタマイズなどで、問題なく動作するかなどの事前確認やテストはXAMPP(ザンプ)というローカル環境を使ってます。
(パソコン上でワードプレスを動かして色々テストや確認をしている環境)

そのXAMPPのPHPバージョンを調べる方法の備忘録ですが、ワンクリックで分かるみたいですね。

コントロールパネルから調べる

コントロールパネルにある「Apache」の「Admin」から分かる。
(Apacheをまずスタートしておいてくださいね)

XAMPPのコントロールパネルからAdminを開く
  • 「Apache」の「Admin」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

以下のような Apache Friends というページがブラウザで表示される。

Apache Friendsのページ

Windows 5.6.28 とあるので、PHPバージョンは「5.6.28」らしい。が、これは正確ではない。

XAMPPのPHPのバージョンを元々は言っているバージョンから上げても、ここの表示は変わらないので、しっかり確認するために①にある「PHP Info」をクリックしてみる。

↓↓↓↓↓↓

PHP Infoのページが開かれ、最上段に「PHP Version 5.6.28」と表示された。

PHP Infoの表示。PHPバージョンが表示される。

ということで、PHPのバージョンは「5.6.28」を使っている、ということになりますね。(古い!)

ワンクリックで分かるかと思ったら2クリックでした。

メモ

ワードプレスで使っている有料テーマの「賢威」がバージョンアップされたので、試しにどうなるか、XAMPPのローカル環境で見てみようと確認したところ、子テーマがうまく認識されてない模様。

どうしてだろう、何かPHPのバージョンが関係するのか?ということで、以前から気になっていたXAMPPのPHPバージョンを改めて確認してみると、やっぱり古い(笑)

PHPバージョンはレンタルサーバーでも適宜新たなバージョンに対応しているので、なるべく新しいものを使った方が良いですね。

注意点は、実際にレンタルサーバーで動作させているPHPバージョンとローカル環境(XAMPP)のPHPバージョンと合わせる、というところになるでしょうか。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね