AdSense

グーグルアドセンスの審査の申請を出すと、その過程の中で、

「HTMLで<head>タグを探し、その直後に貼り付けます」

みたいな「サイトとAdSenseのリンク」と呼ばれるコードの貼り付けの手順が出てきます。

このコードの貼り付けでは、ワードプレスのheader.phpファイルを編集したりする必要があり、「どうすればいいんだー」みたいな感じで路頭に迷いそうになりますが、ここでは、その「サイトとAdSenseのリンク」の仕方などを一緒に見てみましょう。

※)メモ
この時貼り付けるコードで、審査通過後、自動で広告が挿入されるようになります。

サイトとAdSenseのリンク?

いよいよアドセンスに申請だ!
申請なんて、ブログやサイトのURLや電話番号などその他必要事項を記入するだけで簡単簡単、とドキドキしつつ申請手順を進めていくと、コピーして貼り付けるだけの簡単なお仕事です...じゃなくて、簡単な手順です、という文言とともに、

  • ①下のコードをコピーして下さい。
  • ②http://xxxx.com のHTMLで<head>タグを探し、その直後に貼り付けます。
  • ③完了したら、チェックボックスをオンにして[完了]をクリックしてください。
    <script async src =” ……>
    <script>
    ・・・・
    </script>

などと表示され、コレワナンデスカ...私は誰...と目が点になってしまう感じです(笑)

これはグーグル的には「サイトとAdSenseのリンク」と呼ばれるものですが、2016年11月ごろから、このような手続きが加わったようですね。

この「HTMLで<head>タグを探し、その直後に貼り付ける」には、以下の2つのやり方があります。

1)直接貼り付ける
2)プラグインを利用する

では、以下おのおの具体的に見てみましょう。

  • メモ
    一昔前では、アドセンスの審査も1次、2次と2段階に分かれてましたが、今では統合されてます。
    (1次、2次、といった2段階ではないケースがほとんど)

参考)アドセンス申請の手順について
アドセンス申請の手順については、以下で確認できます。
⇒ AdSense へのお申し込み方法 – AdSense ヘルプ
(この中にある「2. アカウントを有効にする」で「サイトと AdSense をリンクする」が出てきます)

●1)直接貼り付ける

ではコードの貼り付け方として、まず普通に直接貼り付けるやり方を見てみます。
これはテーマの中にある「header.php」を編集します(その中に貼り付ける)

  • ※)注意
    • グーグルの言葉通り「コピーして貼り付けるだけの簡単な手順です」ですが、テーマのファイルの編集となると、普段したことがない場合にはドキドキしてしまいます。
    • 手順は簡単ですが、テーマのファイル編集は、ミスるとブログが見れなくなる、ログインすらもできなくなる、といったことにもなり、慎重に行うことが重要。
    • 焦らず着実に行ってくださいね。

header.phpの編集

ここでは無料テーマで人気の「Stinger」(Stinger5, Stinger7, Stinger Plus, Stinger8など)と呼ばれるテーマを使用していますが、例えば他にもSimplicityといったテーマなど、基本はどのテーマでも同じです

まず「外観」⇒「テーマ編集」を選びます。

2016-12-08_023115

↓↓↓↓↓↓

色々と表示されますが、
右のメニューから「header.php」(テーマヘッダー)をクリック!

2016-12-08_023409

※)補足:「テーマヘッダー」が表示されない場合
子テーマを使っている場合には、「テーマヘッダー」が表示されません。その場合には、右上の「編集するテーマを選択」から親テーマを選びましょう。

↓↓↓↓↓↓

表示される文字列の中から「<head>」を探します。
(割りと先頭にあるはずです)

2016-12-08_023507

↓↓↓↓↓↓

「<head>」が見つかったら、その下に指定のコードを貼り付けます。

コードの貼り付け例は、グーグルアドセンスの公式ページも確認してみてください
⇒ コード導入ガイド 広告コードを HTML で配置する場所

※)ここでは例として実施のコードの代わりに「<!– ここに貼り付けます –>」といった文字列を貼り付けてます。

2016-12-08_023755

  • ※)注意ポイント
    • 貼り付ける箇所は1箇所だけです!
    • どこかなー、ここかなー、などと探している内に、複数貼り付けたりするケースがあるようですが、「貼り付けるのは1箇所だけ」ということで、注意してくださいね。

↓↓↓↓↓↓

最後に「ファイルを更新」をクリック!

2016-12-08_023945

以上で、「サイトとAdSenseのリンク」(コードの貼り付け)が終わりました。
実際やってみれば、非常に簡単です。

<head>の中に色々な文字列が入っている場合

上の例では「<head>」が直ぐ見つかりましたが、
中には以下のように「<head>」の中に

<head xxxxx yyyyy zzzzz ….>

と、色々と文字が入っている場合があります。

これも同様に、その下に貼り付ければOKです。

2016-12-08_024346

  • ※)注意
    • <head xxxxx yyyyy zzzzz ….>の中に入れてはダメですよ。
    • 最後の閉じカッコ「>」をしっかり確認して、その下に入れましょう。

↓↓↓↓↓↓

以下のような感じですね。

2016-12-08_024627

正しく貼れたかの確認

では、実際に正しくコードが貼り付けられているか確認してみます。
確認するにはサイトのソースファイル、というものを見れば良いです。

ソースファイルの確認方法

ブログ/サイトを表示して、適当な余白部分で右クリックします。
メニューが表示されるので、その中から「ソースを表示」をクリック!
(ここではグーグルクロームの表示例です)

2016-12-08_024202

↓↓↓↓↓↓

サイト/ブログのソースが表示されます。

2016-12-08_024234

割りと先頭の方に「<head>」があり、その下に先程貼り付けたコードがあればOKです。

※)ここでは「<head>」の後に先程貼り付けた「<!– ここに貼り付けます –>」が見えてます

補足いろいろなケース)

1)子テーマを使っている場合

子テーマを使っていて、「header.php」がない!と慌てる場合もありますが、その場合には親テーマにある「header.php」を編集します。

慌てず騒がず、右に表示される「この子テーマは親テーマxxxのテンプレートを引き継ぎます」の箇所をクリックして、その後「header.php」を探してみてください。

2016-12-08_025112

2)Simplicityの場合

Simplicityなど、header.php以外に、ヘッダー内に何かを挿入するためのものが用意されている場合があります。

Simplicityでは「header-insert.php」というものがあり、この中に以下のようにコードを貼り付けても良いです。

2016-12-08_024814

貼り付けた後、保存します

↓↓↓↓↓↓

実際にどこに挿入されるか、ソースを見てみると、

2016-12-08_025004

先頭付近の<head>から下方の</head>の間に挿入されているのが分かります。

コードは<head>~</head>の中に貼り付ければ良い、ということから、これでもOKですね。

●2)プラグインを利用する

テーマのファイルを編集するのが怖い!という場合には、プラグインを活用することも出来ます。

グーグルアドセンスの公式フォーラムで紹介されていましたが、こんな時に便利な「
Head, Footer and Post Injections」といったプラグインがあるんですね。
(以前は単純に”Header and Footer”という名でしたが名前が変わったようです)

では早速インストールしてみましょう

プラグインのインストール

「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック!

2016-12-08_025233

↓↓↓↓↓↓

①検索窓に「Head, Footer and Post Injections」を入力して検索

②プラグイン「Head, Footer and Post Injections」が表示されるので「今すぐインストール」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

その後「有効化」をクリック!

以下のように表示される場合もありますが同じです。
「有効化」をクリック!

2016-12-08_025420

プラグインで設定

では続いてコードの貼り付けです。
「設定」⇒「Header and Footer」をクリック!

2016-12-08_025454

↓↓↓↓↓↓

初めに表示される「<HEAD>SECTION INJECTION」にコードを貼り付けます。
※)ここでは例として「<!– ここに貼り付けます –>」といった文字列を貼り付けてます

↓↓↓↓↓↓

コードを貼り付けたら、ページの一番下にある「save」をクリック!(で保存されます)

2016-12-08_025702

実際に確認してみる

では、実際にソースファイルを確認してみると、
以下のように </head>の直前に挿入されているのが分かります。

2016-12-08_025823

<head>~</head>内に貼り付けられているので、これでOKですね。

審査通過後、テーマ変更などでコード貼り付けは必要?

アドセンスの審査通過後、ブログのテーマ(外観)を変えたい!でも審査時に貼り付けたコードはサイド貼り付ける必要があるのか?と疑問になりますね。

審査時に貼り付けるコードは「自動で広告を挿入するか」で使用されるもので、審査通過後は審査時同様に貼り付けるかどうかは任意(つまり自動で広告を挿入したいかどうか)になります。

今回のまとめ

  • グーグルアドセンスの審査におけるコードの貼り付けには2つのやり方がある
    • テーマのファイル(header.php)に直接貼り付ける
    • プラグインを利用する
  • 注意点は、コードは複数貼り付けてはいけない
  • 審査通過後は貼り付けるかどうかは任意

グーグルアドセンスの審査も色々と変わってきているようですが、テーマのファイル編集となると、まだブログを初めたばかりです、という場合には、かなり戸惑ってしまいます。

それでもそこは落ち着いて、グーグルアドセンスのヘルプ、グーグルの公式フォーラムなどをしっかり確認し、落ち着いて対応していきましょう。

こうした公式情報が確認できるかどうか、やり方を自分で検索などをしてできるかどうか、それが試されている、ということにもなっています。誰でも出来ますので、是非落ち着いてやってみてくださいね。

更にバリバリ収益を上げる道に進みたい!という場合には、以下のメルマガにも登録してみてください。結構良い情報が得られると思います。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね