AdSense

グーグルアドセンスの審査の申請を出すと、その過程の中で、

  • 「コードをコピーしてください。HTML の タグと タグの間に貼り付けます」

みたいな「サイトとAdSenseのリンク」と呼ばれるコードの貼り付けの手順が出てきて、いきなり路頭に迷いそうになりますが、落ち着いて対処すれば問題なし!(プラグインを使えば簡単です)

ここでは、この「サイトとAdSenseのリンク」の手順、またコードが正しく貼り付けられたかの確認の仕方を一緒に見てみましょう。

  • ※)メモ
  • この時貼り付けるコードで、審査通過後、自動で広告が挿入されるようになります。

サイトとAdSenseのリンクとは

いよいよアドセンスに申請だ、と、ドキドキしつつ申請手順を進めていくと、コピーして貼り付けるだけの簡単な手順です、という文言とともに、以下の手順が出てきます。

  • ① 下のコードをコピーして下さい。
  • ② http://xxxx.com のHTML の <head>タグと </head>タグの間に貼り付けます。
    このコードをコピーして、広告を配信するすべてのページに貼り付けます。そのうえでアカウントを有効にすると、広告が表示されるようになります。
  • ③ 完了したら、チェックボックスをオンにして[完了]をクリックしてください。
    <script async src =” ……>
    <script>
    ・・・・
    </script>

これを見た途端、コレワナンデスカ … と目が点になってしまう感じです(笑)

グーグル的には「サイトとAdSenseのリンク」と呼ばれるもの(アドセンスの審査が通過するとこのコードにより自動で広告が表示される)ですが、この「HTML の <head>タグと </head>タグの間に貼り付ける」には、以下の2つのやり方があります。

  • ① プラグインを利用する
  • ② テーマ編集して直接貼り付ける

②の「直接貼り付ける」では、ワードプレスのテーマ編集をする必要があるため、テーマ編集の経験がある人、自信がある人以外は、①のプラグインを使うのがおすすめです。

アドセンスの審査通過後、手動で入れる広告をメインにしたい、という場合、プラグインを使えば、プラグインをの停止をすることで「自動広告のOFFがすぐできる」というメリットもあります。

プラグインはあまり入れたくない、という場合には、テーマの直接編集でコードを張り付ける、という形になりますね。

ここでは、「① プラグインを利用する」、つづいて「② テーマ編集して直接貼り付ける 」の順で見て行きましょう。

① プラグインを利用する

まずはプラグインの活用です。

(グーグル的にもプラグインの利用を推奨してますね。以前はテーマの編集の説明が前面に出てましたが、多分、ここで躓く人が沢山出たためプラグインを推奨するように切り替えたと想像)

グーグルアドセンスのヘルプでもいくつか紹介されてますが、その中の1つが「Head, Footer and Post Injections」というプラグイン。

他にも「Advanced Ads」、「Ad Inserter」 、といったプラグインも紹介されてますが、ここではこの「Head, Footer and Post Injections」の使い方を見て行きましょう。

では早速プラグインのインストールと有効化からです。

プラグインのインストール

  • ①:「プラグイン」にカーソルを持っていき、
  • ②:「新規追加」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

  • ①:キーワードに「Head, Footer and Post Injections」を入力(コピペでOK)
  • ②:プラグインが表示されるので「インストール」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

プラグインの有効化

インストール後は有効化です。

  • ①:「有効化」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

で、以下の様にプラグイン一覧に戻ります。

以上で、プラグインのインストールと有効化は終了!

プラグインでコードを貼り付ける

続いて、いよいよアドセンスのコード貼り付け。

  • ①:「設定」にマウスカーソルを持っていき、
  • ②:「Header and Footer」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

プラグインの設定画面が表示されるので、左上の「 PAGE SECTION INJECTION」にコードを張り付ける。

  • コードを張り付ける!(表示されているコードのコピペ)

↓↓↓↓↓↓

コードを貼り付けたら、下方にスクロールして「save」をクリックして保存。

  • 「save」をクリック!

以上で終わりです。簡単でしたね。^-^)

正しくコードが貼れたかの確認

では、実際に正しくコードが貼り付けられているか確認してみます。
確認するにはサイトのソースファイル、というものを見れば良いです。

ソースファイルの確認方法

ブログ/サイトを表示して、適当な余白部分で右クリックします。
メニューが表示されるので、その中から「ソースを表示」をクリック!

(ここではグーグルクロームの表示例です)

↓↓↓↓↓↓

サイト/ブログのソースが表示されます。

<head>(または <head … >)と </head> の間に、貼り付けたコードがあればOKです。

② テーマ編集して直接貼り付ける

つづいて、テーマ編集して直接コードを貼り付けるやり方を見てみます。(上で見たプラグインでコードを入れた場合は参考までになりますが)

これはテーマの中にある「header.php」(テーマヘッダー)を編集します(その中にコードを直接貼り付ける)

  • ※)注意
    • グーグルの言葉通り「コピーして貼り付けるだけの簡単な手順です」ですが、テーマのファイルの編集となると、普段したことがない場合にはドキドキしてしまいます。
    • 手順は簡単ですが、テーマのファイル編集は、ミスるとブログが見れなくなる、ログインすらもできなくなる、といったことにもなり、慎重に行うことが必要。
    • 焦らず着実に行ってくださいね。

header.php(テーマヘッダー)の編集

ここでは無料テーマで人気の「Stinger」(Stinger Plus, Stinger8など)や有料テーマ「賢威」の例ですが、他にもSimplicityといったテーマなど、基本はどのテーマでも同じです

まず「外観」⇒「テーマ編集」を選びます。

2016-12-08_023115

↓↓↓↓↓↓

色々と表示されますが、
右のメニューから「header.php」(テーマヘッダー)をクリック!

※)補足:「テーマヘッダー」(header.php)が表示されない場合
子テーマを使っている場合には、「テーマヘッダー」が表示されない場合があります。その時には、右上の「編集するテーマを選択」から親テーマを選び、再び探してみてください。

↓↓↓↓↓↓

表示される文字列の中から「<head>」または「<head …」を探します。
(割りと先頭にあるはずです)

●1)Stingerの例

Stinger8の例:<head> が <head prefix=”….”>という形になっている

●2)賢威の例


賢威の例:こちらも <head> が <head prefix=”….”>という形になっている

↓↓↓↓↓↓

<head> または <head … > (上の例2つともこちらになります)が見つかったら、その下に指定のコードを貼り付けます。

コードの具体的な貼り付け例は、グーグルアドセンスの公式ページで確認ができますので参照してみてくださいね。
⇒ コード導入ガイド)広告コードを HTML で配置する場所(自動広告)

ではコードを張り付けましょう。

  • ※)注意ポイント
    • 貼り付ける箇所は1箇所だけです!
    • どこかなー、ここかなー、などと探している内に、複数貼り付けたりするケースがあるようですが、「貼り付けるのは1箇所だけ」ということで、注意してくださいね。

●1)Stingerの場合

●2)賢威の場合

↓↓↓↓↓↓

最後に下方にある「ファイルを更新」をクリック!

以上で、「サイトとAdSenseのリンク」(コードの貼り付け)が終わりました。実際やってみれば、非常に簡単です。

正しく貼れたかどうかは、プラグインの方で説明している「ソースファイルの確認方法」で見てみてください。

補足1)<head>の中に色々な文字列が入っている場合

上の例で見たように、最近のテーマは、<head> には色々な文字列が入り、例えば、<head prefix=”….”>みたいな形になっていることが多いようです。

こういった場合には以下の様に、 <head prefix=”….”> の下にコードを貼り付ければOK.

2016-12-08_024346
  • ※)注意
    • <head xxxxx yyyyy zzzzz ….>の中に入れてはダメですよ。
    • 最後の閉じカッコ「>」をしっかり確認して、その下に入れましょう

補足2)子テーマを使っている場合

子テーマを使っていて、テーマヘッダー(header.php)がない!と慌てる場合もありますが、その場合には親テーマにあるテーマヘッダー(header.php)を編集します。

慌てず騒がず、以下の図にあるように、

  • ① 「編集するテーマを選択」から親テーマを選ぶ、または、
  • ② 右に表示される「この子テーマは親テーマxxxのテンプレートを引き継ぎます」の箇所をクリックして親テーマを選ぶ

その後テーマヘッダー(header.php)を探してみてください。

補足3)Simplicityの場合

Simplicityなど、テーマヘッダー(header.php)以外に、ヘッダー内に何かコードを挿入するためのものが用意されている場合があります。

Simplicityでは「header-insert.php」というものがあり、この中に以下のようにコードを貼り付けても良いです。

2016-12-08_024814

審査通過後、コードは削除しても良い?

アドセンスの審査通過後、ブログのテーマ(外観)を変えたい!でも審査時に貼り付けたコードは再び貼り付ける必要があるのか?など、コードについての疑問が残ります。

審査時に貼り付けるコードは「自動広告の表示」で使用されるもので、審査通過後はコードをそのままにしておくか削除するかは任意(つまり自動広告を使いたいかどうか)になります。

コードは削除しても良いですが、手動で広告を入れてもグーグル側で自動広告とうまく調整してくれるので、基本は貼り付けたままで良さそうです。

※)コードを削除すると、メールで「自動広告使おうよ」と催促が来ると思います。^-^;)

今回のまとめ

  • グーグルアドセンスの審査におけるコードの貼り付けには2つのやり方がある
    • プラグインを利用する (おすすめ)
    • テーマのファイル(テーマヘッダー(header.php))に直接貼り付ける
  • 注意点は、コードは複数貼り付けてはいけない
  • 審査通過後は貼り付けるかどうかは任意

グーグルアドセンスの審査も色々と変わってきているようですが、テーマのファイルにコードを追加せよ、なんて表示されると、ブログを初めたばかりです、という場合には、かなり戸惑ってしまいますね。

やってみれば大したことはない、と分かりますが、パニックにならず冷静にサクサクできるかどうかで、今後の進み具合も変わろうと言うものです。頑張って行きましょう!

更にバリバリ収益を上げる道に進みたい!という場合には、以下のメルマガにも登録してみてください。結構良い情報が得られると思いますよ。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね