2016-08-21_225229

グーグルアドセンスの審査にも、その後のブログ運営にも、どれだけ早くグーグルなどの検索エンジンに「インデックスされるか」がとても大事なことになってきます。

ここで「インデックスされる」とは、検索結果に表示されるために「検索エンジンのデータベースに登録される」、ということです。

アドセンスの審査ではPV数も見られるようになってきてますし、またブログ運営では言うまでもなく、折角記事を投稿しても、そもそも「インデックスされない」、ということは、「検索結果に表示されない」「その記事は存在しないのに同じ」ということからですね。

ということで、ここでしっかり”検索エンジンなどに素早くインデックスされる方法”を見てみましょう。

その1)ワードプレスの設定
(更新情報サービスのPINGの設定)

まずは設定系ですが、基本となるのはワードプレスの更新情報サービスの設定

この設定は「PING」(ピング)という仕組みを使って記事の更新情報を受けとるサービス(PINGサーバー)に記事投稿のお知らせをするものです。

記事更新のお知らせ(PING)をPINGサーバーが受け取ると、そのPINGサーバーと連携しているグーグルやYahooといった検索エンジンなどに、

  • 「記事が更新されたって連絡来たからお知らせしまーす」

と連絡する感じですね。

何やら町の郵便やさんに依頼するみたいで面白いですが、この更新情報サービスの設定は、基本中の基本ということで、必ず設定しておきましょう。

関連記事 >
さぁ、WordPressの基本の設定をしておきましょう! WordPressでは実際に設定できる項目も多いですが、ここでは今後ブログを進めていく上で必要なものに絞ります。 必要な箇所は以下3点。 1)一般の中のサイトタイトルなど2)投稿設定の更新情報サービス(PING)3)パーマリ

この「更新情報サービス」を設定することで、ひとまずPINGという仕組みを通してグーグルなどの検索エンジンに

  • 記事を投稿しました!(≧∇≦)b

とお知らせできることになります。
(後は検索エンジンが見に来てくれるのを待つばかり!)

その2)プラグインの活用

続いてはプラグインの活用です。
素早くインデックスさせるプラグインとして有名どころは、以下2つ。

1)PuSHPress

このプラグイン、グーグルの検索エンジンに直接更新情報を伝えるプラグインとしては超有名です。

検索エンジンに素早くインデックスしてもらうことで、グーグルアドセンスの申請や、ブログ運営においてコピー記事が出まわるのを防ぐ(つまり記事投稿をグーグルの検索エンジンに素早くお知らせすることで、あなたの記事が始めに投稿されたもの(オリジナルである)ということを伝える)というものです。

特に設定は不要で、インストールして有効化するだけ!

2)Google XML Sitemaps

記事が更新された後、ブログのサイトマップ(ブログにある記事の全て)をグーグルの検索エンジンにお知らせするプラグイン。

記事の投稿、更新のたびにサイトマップを自動生成して、グーグルに送ってくれるんですね。

これによって、検索エンジンのクローラー(サイトを調べに来てくれる仕組みです)が、あなたのブログ、サイトをもれなく見てくれる、というわけです。

関連記事 >
さぁ、WordPressの基本の設定をしておきましょう! WordPressでは実際に設定できる項目も多いですが、ここでは今後ブログを進めていく上で必要なものに絞ります。 必要な箇所は以下3点。 1)一般の中のサイトタイトルなど2)投稿設定の更新情報サービス(PING)3)パーマリ

その3)URL検査ツール
(グーグルのサーチコンソール)

グーグルが無料で提供する非常に強力なサイト運営ツール「サーチコンソール」(Google Search Console)

昔々は「ウェブマスターツール」と呼ばれていたものですが、このサービスの中に「URL検査ツール」というツールがあります。(以前 fetch as google と呼ばれた機能の新しい版)

このツールを使うと、記事を新規作成した場合には、グーグルに「早くインデックスして!」と直接催促ができたり、記事を編集して更新した場合に「修正したから改めて見てみてね」とリクエストが送れます。

詳しくは以下の記事を見てみてください。

関連記事 >
ブログで記事を書いた、公開した、終わった終わった、と思ってもまだ早い。 日々ブログを更新していれば、グーグルの検索結果に出るにも時間はそれほどかかりません。でも、ブログを立ち上げたばかりの時や、普段の更新スピードがゆっくりだったりすると、インデックスされるのにも非常に時間がかかります。(インデックスされるとは

サーチコンソールの登録方法は以下を参照してみてください。

関連記事 >
グーグルの「サーチコンソール」は非常に便利なツールですが、サーチコンソールへの登録(プロパティの追加登録の手順)に少し戸惑います。 プロパティタイプを「ドメイン」「URLプレフィックス」と選択できるようになってますが、特に「これからサーチコンソールに登録して使ってみよう」という場合には、やり方が分から

その4)サイトマップ
(グーグルのサーチコンソール)

上のその3)に同じく、グーグルのサーチコンソールを使う方法です。

URL検査ツールを使う代わりに、サイトマップというものをグーグルに直接送って、複数のURLを同時に「早くインデックスして!」とか「修正したので改めて見てみてね!」とリクエストを送ることができます。

詳しくは以下の記事を見てみてください。

関連記事 >
ブログを運営していて使っていない人はいないぐらいのグーグルの無料ツールが「サーチコンソール」。 サーチコンソールの「URL検査ツール」を使うと、記事を新規投稿した場合や、記事を編集して更新した場合に、グーグルに改めてインデックスしてね、とインデックス登録をリクエストできますが、リクエストしたい記事が多

Googleに記事がインデックスされているか調べる方法

最後に、実際グーグルの検索エンジンに記事がインデックスされているか(検索結果に表示されるようになっているか)を調べる方法をみておきます。

これはとっても簡単で、何かのサイトを見る時と操作は基本は同じです。

通常何かのサイトを見る時は、ブラウザのアドレスバーなど見たいブログやサイトのURLを入力しますが、例えばヤフーを見たい!となれば、

  • www.yahoo.co.jp

を入れて、そのページを見ることになります。
では、yahoo.co.jp に登録されている記事で、検索エンジンにインデックスされている記事を見てみたい、となれば、URLの先頭に「site:」をつけて、

  • site:www.yahoo.co.jp

で見てみると、その一覧が見れる、というわけです。

実際に以下のようにして、あなたのブログやサイトにアクセスしてみてください。

  • site:あなたのブログURL

※)うまく表示されない、なにか変だ、という場合には、一旦グーグルのページを表示して、グーグルの検索窓に「site:あなたのブログURL」を入れてGoogle検索してみてください。

これで検索エンジンにインデックスされているブログやサイトの記事一覧が表示されます。

その一覧を確認し、

あれ?まだあの記事が表示されない!

となれば、ここまで見て来た4つの方法、特に3番目と4番目の「URL検査ツール」と「サイトマップ」を是非活用してみてくださいね。

今回のまとめ

  • グーグルの検索エンジンに素早くインデックスしてもらうには4つの手段がある
    • 1)ワードプレスの更新情報サービスの設定
    • 2)プラグインの活用(PuSHPress、Google XML Sitemaps)
    • 3)グーグルサーチコンソールの「URL検査ツール」の活用
    • 4)グーグルサーチコンソールの「サイトマップ」の活用
  • いかに早くインデックスされるかは、ブログ運営、アドセンス申請にとっては非常に重要

ここで見てきた4つの方法は、いずれも難しいというものではありません。

1)更新情報サービスの設定、2)プラグインは一旦設定すれば、基本はそのままですし、3)「URL検査ツール」4)「サイトマップ」は、実はインデックス登録の依頼だけではなく、ブログ運営にとって非常に強力なツールとなっています。

もしこの中で、何か使ったことがない、というものがあれば、是非実践に導入してみてください。

あなたのブログ運営の1つの弾みになりますように。^-^)

またネットでの収益化については、是非以下のメルマガにも登録してみてくださいね。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね