ブログ運営で、キーワードのリストとかメールアドレス、404エラーのリストなど、CSV形式のファイルをお扱うことが結構あります。

ここでは、CSVファイルをグーグルシートを使って開く方法をご紹介!

(エクセルを持ってない人、エクセルの代わりを探している場合には特に必見ですよ)

1)グーグルスプレッドシートにアクセス

グーグルスプレッドシートを使うには、以下にアクセスします。

Google スプレッドシート – オンラインでスプレッドシートを作成、編集できる無料サービス

以下のような画面が表示されるのでひとまず「パーソナル」を選んでみる

グーグルアカウントにログインしてない場合には、ログイン画面が出ると思いますので、ログインしましょう。

2)空白ファイルを選ぶ

「新しいスプレッドシートを選択」の画面が表示されますが、ひとまず「空白」のファイルを選択。

2)「ファイル」⇒「開く」を選択

冗談のメニューから、「ファイル」⇒「開く」を選択します。

3)アップロードを選択

「ファイルを開く」画面が表示されるので、上部のタブメニューから「アップロード」を選択。

↓↓↓↓↓↓

ファイルのアップロード画面が表示されます。

では実際に表示したいCSVファイルをアップロードして見ましょう。

4)ファイルのアップロード

ファイルのアップロード画面画面から、

  • 1)ドラッグアンドドロップで直接ファイルを放り込む
  • 2)または、ファイルを選択する(デバイスのファイルを選択)

とすると、ファイルのアップロードができ、実際にCSVファイルが開けます。

ドラッグアンドドロップ

開きたいCSVファイルをドラッグアンドドロップするのが最も簡単。

ファイルをフォルダからフォルダに移動させるのと同じ要領で、開きたいCSVファイルをマウスでつかみ、そのまま「ファイルを開く」画面上に落とせばよいですね。

デバイスのファイルを選択

「デバイスのファイルを選択」とは、つまりはパソコンのファイルを選択、ということ。

「デバイスのファイルを選択」ボタンをクリックすると、ファイル選択できるようになるので、そこから開きたいCSVファイルを探して選択しましょう。

分かりやすいように「デバイスのファイルを選択」ボタンの箇所を拡大してます。
実際のボタンはかなり小さい
  • 「デバイスのファイルを選択」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

ファイル選択のためのウインドウが開くので、開きたいCSVファイルを選べばOK!

  • ①:開きたいCSVファイルを選択
  • ②:「開く」をクリック!

以上でCSVファイルをGoogleスプレッドシートで開けたと思います。

あとは、このグーグルスプレッドシートを使ってCSVファイルのデータを見たり並べ替えたりして操作をすればよいですね!

また、ネットビジネスで収益化の方法を学びたい、ブログやサイトで収益を上げたいがどうしたらいいか分からない、という場合には、以下のメルマガにも是非登録してみてくださいね。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね