運営中のブログやサイトの検索結果を見た時、何らかの理由により「この検索結果は削除したい」「検索結果にあるこのキャッシュは削除したい」という場合があります。

こうした削除に対してはグーグルの無料ツール「サーチコンソール」から「URL削除ツール」を使えば良いですね。

ここではその「URL削除ツール」の使い方を解説してますが、サーチコンソールに登録してない場合には以下を参照してサクッと登録しておきましょう。

削除依頼の方法

検索結果の削除依頼の方法は至って簡単。
以下の手順にあるように、サーチコンソールから「URLの削除」を選んでいけばOKです。

手順1)サーチコンソールから選択

まずはサーチコンソールにログインして、メニューから「以前のツールとレポート」⇒「削除」を選びます。

  • ①:削除依頼したい対象のサイトになっているか確認
  • ②:「以前のツールとレポート」をクリック
  • ③:メニューが開くので、その中の「削除」をクリック!

これで下方の手順2にある「URLの削除ツール」が表示されますが、「ドメインプロパティでは利用できない」といった注意文が表示される場合は、以下を見てみてください。

補足)「ドメインプロパティでは利用できない」といった注意文が表示される場合

「以前のツールとレポート」⇒「削除」と選んだ時、「ドメインプロパティでは利用できない」といったウインドウが表示される場合がありますが、その場合には「詳細」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

その後表示されるページ内から「URL 削除ツール」をクリックすればOK。

ここで、下方手順2の「URL削除ツール」が開かず、以下のように「プラパティの追加」が表示される画面になる場合があるようです。

  • この場合には、まず①「プロパティを追加」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

続いて更に「プロパティを追加」ボタンが表示されるので、そのボタンをクリック!

  • 「プロパティを追加」をクリック!
  • 表示される入力ボックスに「http://ドメイン名」を入力
    (例:http://example.com)

これで以下手順2の「URL削除ツール」が表示されるようになる場合があるようですので、試してみてくださいね。

手順2)URLの削除ツールを表示

ここまでで以下のように「URLの削除」ツールが開きます。

※)「URL削除ツール」に関するグーグルの正式なドキュメントは以下参照
URL 削除ツール – Search Console ヘルプ

  • ①:削除依頼したい対象のサイトになっているか改めて確認
  • ②:「一時的に非表示にする」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

手順3)削除URLの入力

削除依頼したいURLを入力するボックスが開くので、そちらに検索結果から削除したい対象のURLを入力します。

  • ①:削除依頼したいURLを入力
  • ②:その後「続行」をクリック!

※)URLの見方やコピーの仕方については、以下記事中の「URLが見れる場所とコピー」参照
URLとは何?WordPressで記事のURLの確認やコピーの仕方

↓↓↓↓↓↓

手順4)削除リクエストの送信

続いて、リクエストタイプ(削除するタイプ)の選択が表示されます。

  • ①:削除対象のURLが正しいか確認
    • ドメインが重なって「http://example.comhttps://example.com/…」みたいに表示されている場合の対応法は下方参照
  • ②:リクエストタイプの選択
    • 「リクエストタイプ」には3つある。
      検索結果から普通に削除したい場合には、「キャッシュからURLを削除し、検索結果からURLを一時的に削除する」を選んでおけばOK。
    • リクエストタイプの詳細については、下方の「3つのリクエストタイプ」を参照
  • ③:その後「リクエストを送信」をクリック!
削除対象のURLでドメインが重なって2つ表示されている場合の対応法はこちら

ドメインが重なって表示される場合

削除対象のURLが、例えば以下のようにドメインが重なって表示される場合があります。

  • http://example.comhttps://example.com/hello-world/

こうした場合には、ドメイン以降のURL(パーマリンクの部分:この例で言えば「/hello-world/」)を改めて入力しなおしてみてください。

3つのリクエストタイプを確認しておく場合はこちら

3つのリクエストタイプ

上の「手順4)削除リクエストの送信」に出て来た「リクエストタイプ」(どのような削除依頼とするか)には以下の3つがあります。

  • 1)キャッシュからURLを削除し、検索結果からURLを一時的に削除する
  • 2)キャッシュからのみURLを削除する
  • 3)キャッシュを削除し、次で始まる全てのURLを一時的に非表示にする

ここで「キャッシュ」とは何かを知っておく必要がありますが、キャッシュとは一言で言えば「検索エンジンが以前確認して保存しているデータ」のこと。

検索エンジンは定期的にブログやサイトの記事を確認しに来てデータを収集し、検索エンジンの結果に反映しますが、そのデータをキャッシュと呼びます。

グーグルの検索結果を見ると、以下のようになってますが、

ここで①が実際の記事へのリンクで、クリックするとブログやサイトのその記事に飛んで表示します。(記事そのものを表示するので最新のデータを表示することになる)

②がキャッシュの部分で、▼をクリックすると「キャッシュ」というメニューが表示され、その「キャッシュ」をクリックすると、以下のように「検索エンジンが以前収集して保存しているデータ」が表示されます。

上の図を見ると、記事の一番上(先頭部分)に、

  • 「Googleに保存されているキャッシュです」
  • 「このページは~年~月~日 ~時~分~秒 に取得されたもの」

とあることから、「検索エンジンがその日時に確認して保存したデータ」であることが分かります。

ということで、リクエストタイプにある「キャッシュからURLを削除する」とは、この「検索エンジンが一時的に保存しているデータを削除する 」 、ということになりますね。

上で見たように検索結果は以下の①と②の2部構成になっていて、

  • ①:記事のタイトル(とディスクリプションと呼ばれる記事の抜粋)
  • ②:以前取得したデータ(キャッシュ)

なぜ②のキャッシュがあるかといえば、①のタイトルをクリックした時、

  • すでにその記事が削除されていたり、その記事へのアクセス超過やサーバーの何らかのトラブルのために、その記事に直接アクセスできない場合(404などのエラーが表示される場合)、
  • その予備として「最新ではないかもしれないけど、良かったらこっちを見てみてね」

というためだと考えられます。

以上から改めて3つのリクエストタイプを見てみると、以下のような意味になりますね。

  • 1)キャッシュからURLを削除し、検索結果からURLを一時的に削除する
    • 以前検索エンジンが確認して保存している古いデータ(キャッシュ)と、検索結果(タイトルやディスクリプション)の2つとも一時的に削除する
    • つまり、検索結果から完全に(一時的に)削除されるので検索しても検索結果には出て来なくなる(検索できない)
  • 2)キャッシュからのみURLを削除する
    • 以前検索エンジンが確認して保存している古いデータ(キャッシュ)のみ削除する
    • つまり、以前検索エンジンが収集したデータは見られなくなるが、検索結果にはタイトル(やディスクリプション)は残っている(ので検索できる状態)
  • 3)キャッシュを削除し、次で始まる全てのURLを一時的に非表示にする
    • 検索エンジンが保持しているデータ(キャッシュ)も削除するし、入力したURLで始まるURLは全て一時的に削除する

3)の「次で始まる全てのURL」は何か、といえば、例えば削除依頼するURLに以下を入力したとします。

https://tabibitojin.com/test/

「これに始まる全てのURL」とは、例えば以下のようなもの。

  • https://tabibitojin.com/test/sample-post
  • https://tabibitojin.com/test/?p=123
  • https://tabibitojin.com/test/2019/09/29/sample-post
  • https://tabibitojin.com/test/archives/12

入力したURLに続くURLも全て対象になる、ということになることから、たとえば、「あるカテゴリ内の記事」や「あるタグの設定されている記事」は全て一時的に削除したい、などの場合に使えますね。

↓↓↓↓↓↓

手順5)削除依頼の完了

以上で削除依頼が完了!

入力したURLが表示され、ステータスが「保留中」となれば、ひとまず削除依頼の申請は完了!

削除の完了

削除リクエストが完了してステータスが「保留中」になった後、数日(1日2日程度)経つと以下のようにステータスが「削除されました」に変わります。

以上で申請したURLが検索結果から削除された、ということになりますので、改めて「site:ドメイン名」で確認して、本当に検索結果に出てこないか、確認してみましょう。

削除依頼のキャンセル

削除のリクエストを送信した後、「あ!しまった、間違って削除依頼してしまった!」などで「リクエストのキャンセルをしたい場合」には、以下の2つのタイミングでキャンセルできます。

  • その1)削除依頼直後のキャンセル
  • その2)削除完了後のキャンセル

その1)削除依頼直後のキャンセル

削除のリクエストを送信後、ステータスが「保留中」に変わりますが、そこに「キャンセル」ボタンが表示されます。

実際に検索結果から削除される前に削除リクエストをキャンセルしたい場合には、この「キャンセル」ボタンをクリックすればOK!

その2)削除完了後のキャンセル

実際に検索結果から削除された後にもキャンセル(つまり再登録)ができます。

削除依頼して検索結果から削除されたのちに初めて「あ!これ実は間違えてるぞ」などでは、こちらの「再登録」ボタンをクリックすれば良いですね。

この「再登録」をクリックすると、確認画面が出ずにいきなり以下のように対象のURLとともに「削除リクエストをキャンセルしました」と表示されますので、間違えてクリックしないように気を付けましょう。

①、②に「削除依頼をキャンセルした」旨の表示がされる

検索結果から削除された後のキャンセル、というのも何か変な感じですが、この「URLの削除」ツールでの削除は「90日間といった一定期間、検索結果から非表示にする」というもの。

そのため、その90日間という期間に関係なく、次回検索エンジンがデータ収集のためにサイトやブログに訪れた時、検索エンジンのデータベースにインデックスする、またはURL検査ツールからインデックス登録依頼をすれば普通に受け付けてくれる、ということになるでしょうか。

実際、私の場合も間違えて削除リクエストをし、一度は検索結果から非表示になったURLに対してこのキャンセル(再登録)をしたところ、次の日には検索結果に復活してました。

完全に削除するには

改めてになりますが、このサーチコンソールのURL削除ツールは、

  • 完全に検索結果から削除する、というものではなく、
  • 「一定期間(90日間)検索結果から非表示にする」、というもの

つまりその一定期間が経過した後には検索結果に復活する、ということになりますね。

いや、復活しなくてよい、もう検索結果に出したくない、完全に削除したいんだ、という場合には以下のことをしておく必要があります。

  • 1)記事を削除しておく
  • 2)記事にnoindexを設定しておく

1)記事を削除しておく

記事削除は、文字通り、記事の削除です。

ワードプレスを使っていれば、投稿一覧から記事の削除をすることになりますが、記事を削除した場合、その記事のURLにアクセスすると以下のような「404エラー」とか「この記事はありません」などの表示がされると思います。

404エラーの表示例(テーマ:Cocoonの例)
「お探しのページはありません」の表示例(テーマ:賢威の例)

このようにしておけば、次回検索エンジンがブログやサイトのデータを収集しようとした時に、「あ、このURLは情報がないんだ」と分かり、検索結果から削除していきます。(ので、後はほっておけばOKですし、削除ツールで削除した後であれば、再登録されることはなくなります)

2)noindexを設定しておく

検索結果からは削除したい、でも記事自体は残しておきたい(そのURLを知っていればアクセスできるようにしておきたい)という場合には、noindex というものを設定しておきます。

noindex の設定の仕方については、以下で改めて解説してますので参照してみてくださいね。

利用する場合の注意点

ここでみたURLの削除ツールは、やたらめったら使っても良い、というものではなく、「URL 削除ツール – Search Console ヘルプ」の「URL 削除ツールの誤った使い方」にもあるように、以下のことを実現するためのもの。

  • 検索結果として表示されるには問題のある情報(機密情報など)を即時に隠したいなどの場合

つまり、上の方で見たように、「その記事を削除する」「noindexを設定しておく」などで自然に検索結果に表示されなくなるため、通常は記事を削除したり noindex を設定すれば良いが「どうしても即時にその情報を隠す必要がある場合に限って使う」ということになります。(機密情報や重大な誤情報など、一般に検索されては困るような情報を記事の中に入れてしまった!すぐ隠さなければ、みたいな感じです)

URL削除ツールのヘルプにある「URL 削除ツールの誤った使い方」の中で、「そうはいっても、これはやってしまうかもなー」、というところをピックアップすると以下のような場合がありそうです。

  • 「URLが古くなった場合」に対しては使用しない
    • 記事にアクセスしても「その記事はありません」「404エラー」といった表示がされる場合には、自然に検索結果からなくなっていくので、こうした場合にはURL削除ツールは使用しない
  • サイトをリセットする目的では使用しない
    • 例えばペナルティーを受けた、とかで、一度のこのサイトや記事のURLをリセットしてゼロスタートしたい、という目的で、この削除ツールは使用しない。
    • ペナルティーを受けた場合、いくら削除ツールで削除してもペナルティーを回避した/修正した、ということにはならないので、URL削除ツールを使っても意味がない。見直しをした上で再審査リクエストをする必要がありますね。

URL削除ツールの補足

グーグルの検索結果からの削除は至って簡単ですが、なぜかサーチコンソールのメニューでは「以前のツールとレポート」という中に入ってます。

この「以前のツールとレポート」というのは、サーチコンソールの古いバージョンのことを指してますが、わざわざこの項目の中に残しておかなくても、すぐ見える一段上のメニューの中に、分かりやすく「ツール」とか項目を作ってその中に置いておいてもよさそうな感じです。

サーチコンソールをバージョンアップした際、以前と同等、または進化した機能や項目は普通にメニューとして並べたと思いますが、この「URLの削除ツール」については、

  • 残しておくべき機能であるが、やたらめったら使うものではないし、そのような使われ方をされては困る、ということで、簡単に使われないようにしておきたい
  • 実は機能自体の進化・更新を予定していて、それがまだ完了してない

ということから「以前のツールと...」の中に入れているかもしれませんね。

とういことで、今回は以上!

ネットビジネスにチャレンジしたい!ブログで収益化を図りたいが進め方が分からない、という場合には、以下のメルマガにも是非登録してみてくださいね。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね