ワードプレスのデータをバックアップしておきたい、という場合、いくつかの手段がありますが、見落としがちなのが、バックアップデータからの復元のしやすさ。

バックアップデータがあるけど復元できない、となれば、なんのためのバックアップなのか分かりません。^-^;)

ということで、ここでは初心者も簡単にワードプレスのバックアップが出来て復元も楽々できる「UpdraftPlus」の使い方を紹介です!

UpdraftPlusでできること

まずこのプラグインでは何が出来るか、を見ておきましょう。

  • バックアップが簡単にできる
    • クリックするだけでバックアップできる
  • 復元も簡単
    • 難しい操作は無く、クリックするだけで復元(バックアップデータを読み込んで元に戻す)もできる
  • バックアップ間隔(スケジュール)も指定できる
    • 12時間ごと、毎日、毎週、毎月など
  • バックアップデータは外部ストレージも利用できる
    • 何も指定しなければワードプレスのインストールされたサーバー上にバックアップデータは保存される
    • 保存先として外部ストレージも指定でき、例えば Google Drive, Microsoft OneDrive, Dropbox などが利用できる

一番のポイントは、2,3回のクリック操作だけでバックアップも復元もできる、といった簡単さ

初心者にもすぐバックアップができるし、中級者、上級者でも十分使えるものだと思います。

ただ1点できないのが、バックアップする時間の指定。

12時間ごと、毎日、毎週、毎月、といったバックアップのスケジュールは指定できますが、例えば夜中過ぎの午前2時15分に開始したい、といった細かい時間指定まではできません。

バックアップはあまりアクセスのない夜中過ぎに行いたい、といったこともありますが、この細かい「何時に行う」といった時間指定まではできないんですね。(有料版にすると時間指定ができるようになる)

ただ、正しいかどうか微妙ですが、どうやら「変更を保存」を押したタイミングを基準に、その何時間後とか何日後を決定しているようにも見えるので、例えば夜中の3時にバックアップを実行したい、としたら、一度夜中の3時に「変更を保存」しておく、というのも一つの手かもしれません。

バックアップするのにかかる時間は、例えば400記事以上、画像も1記事に2~3貼ってある、というブログで「1分もかからない」、という感じですし、バックアップ中はブログにアクセスできない、となれば話は別ですが、バックアップ中でも普通にブログにアクセスできるので、気にするほどでもないかな、とも思います。

では実際にこのプラグイン「UpdraftPlus」をインストールから順に使い方を見てみましょう。

プラグインのインストール

まずはプラグインのインストール。

  • ①「プラグイン」から②「新規追加」を選択

↓↓↓↓↓↓

プラグインを追加する画面が表示されるので、そこから「UpdraftPlus」を検索します。

  • ①:「UpdraftPlus」をコピペ
  • ②:「UpdraftPlus」のプラグインが表示されるので「今すぐインストール」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

インストールはすぐ終わり、続いて有効化を行います。

  • 「有効化」(Activate)をクリック!

↓↓↓↓↓↓

ツアーが始まる!

インストールと有効化が終わると、自動的にプラグイン一覧に戻り「プラグインはここだよ」とガイドツアーが始まり、「スタートするにはここをクリック」と表示されたりします。

  • 「スタートするにはここをクリック」をクリック!
    (この表示がない場合には、「設定」⇒「UpdraftPlus – Backups」でOK)

このプラグインの全体像が分かるので、「次」を押してガイドを一通りザクザクっと見ておくと良いです。

「次」をクリックしてガイドを少し見ておく

バックアップをしてみる

では早速バックアップをしてみましょう。

バックアップデータの保存場所

特に設定をしなければ、バックアップしたデータはサーバー上に保存されます。

保存されるデータは、400記事のブログでおよそ1GB。(画像とかをどれほど使っているかで容量も変わりますが、だいたいこんな感じでしょう)

たとえば私の場合、サーバーはエックスサーバーを使ってますが、X10プランで200GBの容量が使えます。

1つのアカウントで多くのブログやサイトを運営していたら別ですが、1つ2つぐらいのサイトであれば、サーバー上にバックアップデータを保存しても良いと思います。

※)実際サーバー上でどれほど容量を使っているか、この機会に確認してみると良いです。

サーバー上ではなく、例えば Google Drive や Microsoft OneDrive, Dropbox といった外部ストレージサービスに保存する、といったこともできますが、そうした場合には、下方の設定のところを見てみてください。

バックアップはクリックだけ!

ではいよいよバックアップしてみましょう。

  • 「今すぐバックアップ」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

バックアップのための実行画面が表示されます。

  • ①:2つともチェックを入れておけばOK
    • バックアップはデータベースと、その他メディアなど全てを対象にする
  • ②:チェックは無しでOK
    • 手動削除のみ許可、は、何かの理由で、これだけは削除したくない、というものを残すための設定ですが、基本は使わない
  • ③:「今すぐバックアップ」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

早速バックアップが開始されます。

しばらく待ちましょう。

↓↓↓↓↓↓

バックアップが終わると「終了しました」メッセージが表示されます。

以上で終わり!
正に簡単クリックだけ!

↓↓↓↓↓↓

実際画面を見てみると、バックアップが終了したことと、バックアップされたデータが表示されます。

  • ①:バックアップが成功したメッセージ
    (”成功したようで”と、ちょっと他人事のようなメッセージ(笑))
  • ②:保存されたバックアップデータ

バックアップデータは無限にたまっていくのか?と心配になりますが、初期設定では2つまでとなってます。

古い順に自動で削除されていくので、バックアップデータでサーバーの容量がいつの間にか一杯になっていた!と言う事にはならないので安心です。

設定

ではバックアップするスケジュールなどを決める設定を見ておきましょう。

設定は上のバックアップに続けて行っても良いですし、以下のように「設定」⇒「UpdraftPlus Backups」からも行けますね。

バックアップのスケジュール

バックアップするタイミング(スケジュール)が設定でます。

スケジュールについて

バックアップスケジュールは
2時間ごと、4時間ごと、8時間ごと、12時間ごと、毎日、毎週、2週間ごと、毎月、の中から選択できます。

どれにしようか迷いますが、

  • 毎日記事更新してる、という場合には「毎日」
  • 月に数記事しかアップしてない、とかであれば「2週間ごと」
  • 一か月に1記事入れるかどうか、という場合には「毎月」

ぐらいにしておけば良いと思います。

ただ、私の場合もう何年も複数のブログを運営していますが、バックアップデータが必要になるような非常事態は、自分でデータベースを削除してしまった、という以外はありません。(普通の人はこんなことやらない(笑)

バックアップデータが必要になることは基本は無いと思いますので、記事を毎日更新してるよ、という場合でも、毎週、とか2週間ごと、または毎月、ぐらいにしておいても良いと思います。

保存する数

バックアップデータの保存数は、初期状態では2となってます。

あまりに多くのバックアップデータを保存すると、当然保存するサーバーなどの容量を圧迫するので、2つもあれば十分、という感じ。

バックアップデータは、そのデータを使ってその時の状態に戻す、という事に使うわけですが、基本は最新のものが1つあれば対応できますし、念のため予備としてもう1つ、と考えると2つになるでしょう。(これが初期状態の「2」の意味だと思います)

その他に用途を考えた時に、~としてデータをとっておきたい、などあれば、数を増やす、としていけば良いですね。

保存先の選択

バックアップデータをどこに保存するか、保存先の選択もできます。

特に指定しなければ、バックアップデータはサーバー上に保存されます。(私はこれで使ってます)

サーバーの容量が足りない、という場合には、ここで外部ストレージ(外部の保存領域)を指定すれば良いですね。

良く使われるのが、Google Drive, Microsoft OneDrive, Dropbox だと思いますが、無料で使える領域は以下の通り。(2020年8月時点)

  • Dropbox: 2GB(友達に紹介したりするともっと増やせますが)
  • Microsoft OneDrive: 5 GB
  • Google Drive: 15 GB

既に何かの用途で使っていて空き容量が少ない、となると話は別ですが、外部ストレージにバックアップデータを保存しておきたい、という場合には、無料で使える領域の大きい Google Drive とかを指定しておくと良さそうです。

複数サイトでは要注意!

ここで外部ストレージサービスを使う時の注意点。

1つのサイトだけの運用であれば良いですが、複数のサイトを運営していて、更にこのプラグインを使って例えばGoogle Drive など外部ストレージにバックアップデータを保存する、などは絶対避けた方が良いです。

外部ストレージを使わずサイト上にバックアップデータを保存するなら、サイトごとにデータが保存されることになりますが、保存先に外部ストレージを指定すると、複数のサイトデータが同一箇所にどんどん上書きされて、どのバックアップデータがどのサイト用のものかが分からなくなる、という非常に危険な状態になります。

何かのトラブルでどうしても復元が必要になった!という時、実は別のサイトのバックアップデータとしらず復元してしまう、ということにもなりかねない(実は実際コンサル生でそれをやってしまった人がいるのだった...)

複数のサイトを運営している場合は、バックアップデータがごちゃまぜにならないよう、サイト上にデータ保存した方が良いです。

Google Driveを指定

では例として、ここでは Google Drive を保存先として指定してみましょう。

  • ①:「Google Drive」をクリック(で選択)
  • ②:下にある「変更を保存」をクリックして、一旦保存

↓↓↓↓↓↓

すると以下のように、

「このリンクをクリックして Google Drive アカウントへのアクセスを許可してください」

と表示されるので、そのリンクをクリック!

  • ①:リンクをクリック!

↓↓↓↓↓↓

使用するグーグルアカウントを選択します。
(1つしかグーグルアカウントを持ってない場合には、この選択画面は出ないかもしれません)

  • バックアップデータを保存したいアカウントを選択!

↓↓↓↓↓↓

続いて、以下のようなメッセージと完了ボタンが表示されます。

  • 「Complete setup」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

プラグインの設定画面に戻ります。
画面上には「成功 Google Drive アカウントを認証しました」と表示されてますね!

後は実際にバックアップを行って、データが保存されているか Google Drive 上で見てみましょう。

ちなみに「1分お時間いただけますか?」とレビュー書いてね依頼が表示されてますが、このプラグインを気に入ったらレビューを書いても良いと思いますよ!(すみません、私は書いてませんが ^-^;)

Google Drive の指定を解除する

Google Drive など、外部ストレージサービスにバックアップデータを保存する、と指定した時、やっぱりサーバー上でいいや、と、設定を解除するには、指定した箇所をクリックして保存すればOK。

  • 解除するには、一旦指定した「Google Drive」などのサービスをクリック!

↓↓↓↓↓↓

  • 最下段にある「変更を保存」をクリック!

以上で、再び保存先はサーバー上になりました。

改めて別の外部ストレージサービスを指定した場合には、上の方で見た手順で同様に設定してみてください。

バックアップするファイル

設定の下の方には、何をバックアップするかの選択があります。

初期状態では全てにチェックが入ってますが、これは特に変更不要だと思います。

復元してみる

設定は以上ですが、このプラグイン「UpdraftPlus Backups」の良さは、クリック操作だけで簡単に復元ができること!

バックアップデータから復元する、というのは、相当な非常事態。多分ブログを運営していて一度あるかないかぐらいになると思いますが、どんな感じになるのか見ておきましょう。

  • ①:復元したい対象のバックアップの日付を確認
  • ②:「復元」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

バックアップデータの中で、どのデータを復元するかの確認画面が表示されます。

  • ①:必要に応じて選択すれば良いですが、完全復元の場合には全てにチェックを入れます
  • ②:「次」をクリック

↓↓↓↓↓↓

復元のための準備ができた、という内容になると思いますが、以下のような「バックアップアーカイブファイルは正常に処理されました」といったメッセージが表示されます。

  • 「復元」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

実際に復元が始まり、その状況が表示されます。

処理が終わるまで待ちましょう!

↓↓↓↓↓↓

復元が終わると「Restore successful!」と表示されます。

  • ①:「Restore successful!」と表示される
  • ②:「UpdraftPlus 設定に戻る」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

プラグインの設定画面に戻ったら、最後に古いデータを削除しておきます。

  • 「古いディレクトリを削除」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

古いディレクトリが削除されます。

  • 「UpdraftPlus 設定に戻る」をクリック!

以上で、復元も完了です。
非常に簡単な操作で復元できますね!

PCへのダウンロード

バックアップしたデータをPCへダウンロードしたい、という場合は以下の操作をすればOK。

  • ①:ダウンロードしたい日付の「データベース」をクリック
  • ②:ダウンロードのための表示がされる
  • ③:「お使いのコンピュータにダウンロード」をクリック!

続いて「プラグイン」も同様の操作を行います。

  • ①:ダウンロードしたい日付の「プラグイン」をクリック
  • ②:ダウンロードのための表示がされる
  • ③:「お使いのコンピュータにダウンロード」をクリック!

以下同様に「テーマ」「アップロード」「その他」と順次ダウンロードすればOK!

PC上で再現

参考までになりますが、バックアップデータをPCへ保存できる、ということから、このデータを使って、PC上でブログやサイトを再現しよう、という考えもでてきます。

PC上でワードプレスを動作させるには「XAMPP」というものを使いますが、実際試してみたところ再現はできませんでした

行ってみたことは、XAMPPを使って新たにワードプレスをPC上で立ち上げて、そこにこのプラグイン「UpdraftPlus」を入れ、バックアップデータをアップロード。

そしてそのデータを使って復元手順をして見ましたが、「UpdraftPlus」のバックアップデータにはドメインの情報がそのまま取り込まれているようで、PC上で再現されたブログで記事をクリックすると、ネット上のブログへアクセスしてしまう、という動作になりました。

図にしてみるとこんな感じ。

PC上のブログAで記事のタイトルとかをクリックすると、リンクのURLがネット上のブログのURLになっているため(ドメインの情報がそのまま取り込まれてしまっているため)ネット上のブログAが表示されてシマウマ。

PC上でネット上のブログを再現するには「UpdraftPlus」のバックアップデータではできないようです。

ネット上のブログと同じものを再現したい、という場合には、サイトをコピーする(複製する)ということになりますが、 duplicator を使って行う、となりそうですね。

参考)
【WordPress】サイトを別ドメインに簡単複製!Duplicatorの使い方

今回のポイント

ワードプレスでサイトやブログを運営する上で基本となるデータのバックアップ。

私の場合、エックスサーバーを使ってますが、エックスサーバーでは2週間分のバックアップを取っておいてくれますので、いざ復元が必要!となったらレンタルサーバーでとってくれているバックアップデータを使ってもいいですね。(お利用のレンタルサーバーではどうなっているか、一度調べてみるのが良いですよ)

以前レンタルサーバーのバックアップデータを使って復元をしたことがありますが、初心者、というか、技術的なことが良く分からない場合には、ちょっと手ごわい感じです。

以前レンタルサーバーのバックアップデータを使って復元をしたことがありますが、結構面倒な作業をする必要があります。

今回見たプラグインでは、簡単なクリック操作だけでバックアップもできるし、自動のスケジュールもできる。更に、復元もクリック操作だけで楽々!

これは非常に重宝するプラグインになりますね。

また、ネットで収益を上げたい!ブログの収益化をしたいが時間ばかりかかっている、どうしたらいいかわからない、という場合には、以下のメルマガにも登録してみてくださいね。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね