インターネットビジネスで自由に生きる!早期退職して海外移住したJINのブログ

婚活で年収の嘘をつくのは絶対ダメ!年収の嘘を見破るにはどうしたら良い?

  2015/05/13   あとで読む

約 4 分で読めます

婚活における重要な判断材料の1つ「年収」。

wedding

ある調査では男性からみた女性の年収は「こだわらない」が半数以上、女性から見た男性の年収は半数以上が400万円以上(半分は500万円以上)でした。

年収が1つの大きなポイントともなれば、自己申告である婚活では少しぐらいの嘘ならいいかと数字を盛って、実際以上に大きな収入を言ってしまう人もいるようですが、いやいやそれはダメでしょう。

ここではそんな婚活での収入の嘘と、その嘘を見破るにはどうすればよいかをちょっと一緒に見てみましょう。

男性、女性の希望額は?

婚活の最重要ポイントの1つである「年収」。
別の記事によれば、男性から女性、女性から男性への収入の希望額について、

  • 男性側では「こだわらない」が半数以上。
  • 女性側では400万円以上が一番多く、500万円以上、300万円以上と続きます。

男性側では「こだわらない」派が半数以上ということから、女性からしてみれば、年収をそのまま言っても相手が普通に受け入れてくれる場合が普通でしょう。

逆に受け入れてくれない(つまりもっと高い年収の人を男性が望む)場合は、まぁ、はっきり言って避けたほうが良いような気がします。(あくまで個人的意見ですよ!)

女性側では、ざっくり言えば最低400万円以上が半数以上、その内半分は500万以上を望んでいるようです。

え!?そうなの?
自分の今の年収、そこには届いてないけどどうしよう?

あくまで婚活なのだから、多少嘘、というか数字を100万円ぐらい盛ってもいいよね?などと考えてたり、実際やっているそこの貴方!ちょっと考え方を改めましょう。^0^)

年収を盛るのは絶対NG!

婚活はある意味競争です。
婚活パーティーなどがその代表ですが、年収は自身のスペックの中でも最も注目されるものの1つ。

多くのお相手を候補としたい場合にはスペックを上げておくことが大切ですが、だからといって嘘をついて数字を盛ってはいけません。

例えば、実際年収が300万円しかないのに500万円としていたり、年収400万円のところ700万円とか1000万円とか、もうこうなると完全NG、というか宇宙の果てまで飛んでけ状態です。

どれだけなら許容されるか?

じゃ、どれだけならNGじゃないの?と言われれば、いや、その発想がそもそもNGです。

考えてみてください。
相手から見たらどう見えるのか?

将来結婚をするかも知れない相手、そして結婚後の生活基盤の前提である年収、それが嘘でした、数字を盛ってました、となったら相手はどう思うでしょう?

こうなるともうとても信用できません。
いきなり破たんが目に見えてます。

年収の嘘を見破るには?

いくら数字を盛るのはNGと言っても、中には年収に対して嘘をついている人もいるでしょう。では年収の嘘を見破るには何か手立てがあるのでしょうか?

年収は正確には分かりませんが、大体このくらい、と推測することはできます。

仕事の情報

年収は基本は仕事の内容で分かります。

自営業か、サラリーマンか、公務員か。
職種は何か、医者なのか、弁護士なのか、技術者なのか事務なのか。
役職は何か、役員なのか、部長、課長なのか、平社員なのか。

例えば、名も知らない企業で、職種がセールス、役職はただの平社員か主任、それで年収1000万ありますとか言われても、これはかなり不自然でしょう。

その情報を元にネットで調べてみれば、大体の収入も分かろうというものです。

また、その場でもいくつか自然に(多少突っ込んだ)質問して答えに戸惑ったりすると「どうも怪しい」となるでしょう。

例えば、医者といったらどんな手術が大変ですか?とか弁護士だったらどんなケースが難しいですか?みたいなYES/NOでパッと答えられない質問をしてみると、相手の反応や雰囲気から察しがつくこともあります。

(こういった質問は実際経験してないと実感こもった答えができないんですね)

またこれはよく言われることですが、人は年収に見合う物(車や時計、家など)や交友関係、趣味などを持っていることから、聞いている年収と実際話に聞く車や趣味の話を照らせ合わせ、本当かどうかの目安がつくかもしれませんね。

高収入で趣味は海外旅行、と言ってる割に、この前行ったのはいつですか?なんて聞いたりしても既に何年か前の話だったりすると、何か違うな、という感じにもなりますね。

(いやお金があって趣味が海外旅行なら、もっと行ってるだろ、みたいな)

まとめ

  • 婚活で年収の数字を盛るのは超NG。
  • 最初はお付き合いがスタートしても、いつかは破たんする。
  • 相手の年収を推測するには、仕事内容を詳しく聞く、所有物や趣味の話が年収相応のものかよく聞いてみる
  • 仕事内容から大体の年収は推測できる

男性も女性も、結婚といった人生における大切なステージだからこそですが、少しでも自分を良く見せようと見栄を張って結果嘘になってしまうこともあるかもしれません。それでも相手の気持ちや今後を考えれば、これはちょっとNGだな、ということは分かるはず。

何が大切なことなのか、目先にとらわれずに物事にあたっていきましょう。

今後を考える

生活のベースはお金です。

恋人時代にはあまり気にしなかったことかも知れませんが、結婚ともなれば別問題。一緒に住み生活を共にする。お金がなければ成り立ちませんし、必要最低限のギスギスの生活では、結婚生活もつらいものになるでしょう。

低迷する経済、あがらない給料、それでも必要となる結婚資金や老後の蓄え。結婚するしないもありますが、将来にわたってお金の心配はつきません。

結婚時、そして結婚後の生活の安定のため、あなたにできることは何なのか?

学校を卒業し会社や組織などに就職して一生勤め上げて老後に突入。多くの人が当たり前のように歩む道ですが、実はこれは1つの選択肢でしかありません。

周りを見てみれば、働く場所は異なれど同じ道を歩んでいる人ばかり。教えてくれる人もいなければ気づくことも出来ないわけですが、それ以外に生活を豊かにする道はないものか、時には考えてみることも大切です。

上向いていると言われつつ実感の伴わない日本経済。それを証明するかのように上がらない給料。人間関係に苦労しながらそれでも朝から晩まで働く毎日。少ないお小遣いをやりくりしてローンに追われ、不安を抱えながらも毎日を過ごしていく。

その延長線上に見える将来は、果たしてあなたにとって満足の行くものでしょうか?

1つの会社に存し続ける、とにかく問題なく過ごすことだけを考える毎日では、後々つらい状況になるのは予想されるところです。

今、そして結婚も視野に入れたこれからの生活に対し、少しでも経済的に安定する方向にもっていくには、新たな収入源を考える必要性も今まで以上に高まっているでしょう。

現在私は自分の体験を通し、先を見越して何かしなければ、と考えている人向けに無料のメールマガジンを配信しています。

詳しくは以下をご覧ください。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です