インターネットビジネスで自由に生きる!早期退職して海外移住したJINのブログ

プラグイン – WordPressでCSSを特定の記事だけ、ページだけに反映したい場合の便利なプラグイン

  2016/05/13   あとで読む

約 3 分で読めます

shutterstock_328511270

WordPressでテーマなどのデザインカスタマイズをする場合、JetPackの機能にあるCSS編集や、「Simple Custom CSS」といったプラグインを使用しますが、「この記事、このページだけに特別にCSSを設定したい」といった場合もでてきます。

以下の関連記事にもあるように、そのページ固有のidを使ってCSSを設定する、ということもできますが、「add-css-to-post」というプラグインを使うと、これが非常に簡単にできるんですね。

ここではそのプラグインの使い方の解説です。

関連
WordPressでCSSを特定の記事だけ、ページだけにに反映したい場合のクラスの指定法

add-css-to-post

では早速インストールからですが、このプラグインは作者のページからダウンロードして、WordPressにアップロードすることで利用ができます。

手順は大きく言って以下3つ。

  • 1)作者のページからダウンロード
  • 2)WordPressの管理画面に入ってアップロード
  • 3)プラグインの有効化

簡単ですので、是非お試しください。

1)作者のページからダウンロード

以下の作者のページからダウンロードします。

2016-03-11_202406

ページの下方に上の図に見られるような(洒落のきいた)ZIPと書かれた画像があります。

それをクリックすると「add-css-to-post.zip」といったファイルがダウンロードできます。

2)WordPressの管理画面に入ってアップロード

続いて、WordPressにログインし、

  • ① メニューから「プラグイン」を選択後、
  • ②「新規追加」をクリック!

2016-03-11_202908

↓↓↓↓↓↓

続いて「プラグインのアップロード」を選択

2016-03-11_203030

↓↓↓↓↓↓

「ファイルを選択」をクリック!

2016-03-11_203242

↓↓↓↓↓↓

先ほどダウンロードした「add-css-to-post.zip」を選択します。

2016-03-11_203322

「add-css-to-post.zip」をクリックして選択し「開く」をクリック!

※)Windowsでは、このように左にあるメニューから「ダウンロード」を選択すると、ダウンロードされたファイルが見えます。

↓↓↓↓↓↓

目的のファイル「add-css-to-post.zip」が選択されたので、「今すぐインストール」をクリック!

2016-03-11_203552

↓↓↓↓↓↓

3)プラグインの有効化

プラグイン「add-css-to-post」がインストールされます。最後に「プラグインを有効化」をクリックして完了です。

2016-03-11_203849

これで使えるようになりました。

ね?簡単だったでしょう?^◇^)ゞ

記事やページにCSSを追加する

プラグインをインストールして有効化すると、記事の編集画面、固定ページの編集画面の下方に「add CSS」という欄が表示されるようになります。

2016-03-11_204123

ここに、記事やページ固有のCSSを書き込めば、「この記事だけ」「このページだけ」に有効なCSSが簡単に設定できてしまう、というわけです。

例えば、「見出し2」に黒枠を付けて、文字色は赤にしたい、という場合には、この「add css」のボックス内に、

  • h2{
  •     border: 1px solid black;
  •     color: red;
  • }

と、普通にCSSを書けば良い、ということですね。

補足:他にもプラグインはありますが...

このプラグイン以外にも、この記事だけ、このページだけにCSS追加する、といったプラグインはありますが、私は使ったことがないカスタムフィールドを利用したりして、どうも今ひとつ手軽さがない、と探していたところ、この「add-css-to-post」というプラグインにたどり着きました。

作者の方もカスタムフィールドの設定が面倒だったようで、それがこのプラグインの誕生につながっている、ということみたいですね。(なにやら親近感が...^◇^)ゞ

今回のまとめ

  • プラグイン「add-css-to-post」を使うと、この記事だけ、このページだけ、といったCSSの追加が簡単にできる
  • インストールでは、作者のページからファイルをダウンロードして、それをアップロードする必要あり
  • プラグインが有効化されると、記事やページの編集画面下に「add CSS」というボックスが表示されるようになる。
  • 追加したいCSSをその「add CSS」のボックス内に普通に書き込めばOK

普通に、というか、記事やページのidを利用して、JetPackの機能にあるCSS編集や、「Simple Custom CSS」といったプラグインを使用すれば、わざわざこのプラグインを導入しなくても問題ありません。

関連
WordPressでCSSを特定の記事だけ、ページだけにに反映したい場合のクラスの指定法

それでも特定のページだけのためのCSSであっても、記事を表示する時に全て読み込まれることになるため、個別に設定したいCSSが増えてくると

  • 余計な設定を毎回読み込む(それだけスピードが落ちるなど)といった懸念につながら(いや、程度問題ですけど)
  • CSS全体の記述もどんどん長くなって見づらくなるし、

ということから、あまり良いことはありません。

そういった場合にはここで紹介するプラグインを利用すると、小回りが利く、というか、記事やページ個別にCSSが指定できるので、とても便利なんですね。

簡単に記事やページに個別のCSSを設定したいぞ!という場合には、是非お試しください。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です