インターネットビジネスで自由に生きる!早期退職して海外移住したJINのブログ

グーグルアドセンスの広告収入、月額平均がアップするレスポンシブ広告の小技って!?

  2015/05/18   あとで読む

約 3 分で読めます

ネットビジネスといえばこれ!、と言われるぐらい有名なグーグルアドセンス。

AdSense

申請や設定に少し手間どうかもしれませんが、初心者からベテランまで大人気の広告システムです。

人気の秘密は、何と言ってもその「手軽さ」。

広告コードを張っておくだけで、訪れるお客様に適した広告を自動で表示してくれるんですね。正に手間いらず。

巷では、そんなグーグルアドセンスの広告で、どうしたら収入がアップするか、どうしたらもっと広告をクリックしてもらえるかのノウハウが盛んに言われてますが、ここではそんな中でもちょっとした小技のご紹介です。

様々なサイズの広告たち

グーグルアドセンスに慣れている方にはおなじみですが、グーグルアドセンスの広告には、実に色々なサイズが用意されています。

私もよく使う種類には、グーグルがこれが良いよ!と推奨されているサイズの中で以下の様なもの。

  • 336×280(記事の上下などによく使う)
  • 300×250(スマホで見る画面に使う)
  • 728×90(サイトの一番上や一番下によく使う)
  • 300×600(サイドメニューによく使う)

実際、どのぐらいの大きさかを表示してみると、以下の様な感じです。
画面が大きくないと右側が切れて表示されますが...

336×280の広告
(記事の上下などによく使う)
300×250の広告
(スマホで見る画面に使う)
728×90の広告
(サイトの一番上や一番下によく使う)
300×600
(サイドメニューによく使う)

これらの大きさの広告、見覚えありますね?

レスポンシブ広告

さて、前置きが異様に長くなりましたが、そんな中で最近の流行りは、なんといっても「レスポンシブ広告」。

上で見てきた、例えばよく使う「336×280」の大きさの広告や、スマホなどでよく使われる「300×250」の大きさの広告は、表示される画面によって、大きければこちら、小さければこちら、など、最適化するために設定をする、といった煩わしさがありました。

サイト運営者にとって使い勝手が悪い広告ということは、つまり広告を提供して商売しているグーグルにとっても利用促進の妨げになり良くないこと。そんな中で提供されたのが「レスポンシブ広告」です。

レスポンシブ広告を使ってみよう

広告の種類を選択するときに、最近では一番初めに出てくるのがこのタイプ。
図で見てみれば、

google_adsense

と一番左に表示されてますね?

このまま広告を作成して、ホームページやブログに貼り付けるといっちょ上がり!

これで、画面の異なるPCやスマホなどで表示されても、自動で適する大きさの広告が表示されることになり、手間もいらず、また広告収入のアップも期待がかかろうというものです。

形の指定ができる

レスポンシブ広告は、自動で適した大きさの広告が表示されることから、例えば、

  • PCなどの大きな画面: 横長の728×90の大きさ
  • スマホなどの小さな画面: 四角の300×250の大きさ

となる場合がありますが、ここで、小技が有ります。

形の指定ができる!

例えばPCなどの大きな画面でも、横長よりは四角タイプの表示のほうが良い!とか、他のサイトとの差別化を含んで縦長タイプが良い!など、サイト運営者にとっては形を指定したい場合もあるでしょう。

できるんですね、これが。

広告コードの中に以下の部分がありますが、

  • <ins class=”adsbygoogle”
    style=”display:block;”
    data-ad-client=”ca-pub-xxxx”
    data-ad-slot=”xxxx”
    data-ad-format=”auto“></ins>

最後の行の「auto」に注目。

この「auto」が「自動で縦長、四角、横長を表示する」と、場所にあった広告を表示する指定。

そこで「auto」に変わって以下を指定することで、常に横長、常に四角、などといった指定ができます。

  • rectangle:四角
  • vertical:横長
  • horizontal:縦長

たとえば、「rectangle」を指定すると、PCとかの大きな画面でも、横長の四角で結構大きな広告が表示されます。

以下イメージ

横長の四角の広告
(これはイメージです)

最近良くこういった横長だけど、縦幅も広い広告見かけますが、これを使ってたりするんですね。

見かけも大きく、それによるクリック率のアップも期待できることから、月平均の収益アップも期待されます。サイト運営者にとってもグーグルにとっても嬉しい事です。

ただ、もちろんこれは画面の大きなPCなどで見る場合。

最近はスマホを使う人の割合も多く、運営するサイトの種類によってスマホで検索される割合が多ければ大きいほど、その効果も微妙にはなってきます。

複数指定できる

この指定、実は複数の指定ができます。

自動で表示される「auto」ではなくて、横長か四角で広告を表示させたい、となれば、「vertical, rectangle」と指定すれば良いですね。

優先順としては、先に書いたほうが優先順位が高いのかな?と思いましたが、どうもそれはないようです。

また「vertical」ではどうも縦方向に高さをとってないと、横長の広告が表示されるような気がします。(試してみた感じですが...)

まとめ

  • レスポンシブ広告を使うと、場所に応じて自動に最適な広告が表示される。
  • それでも四角のタイプを使いたい!等では、auto の代わりに形を指定できる。
  • auto の代わりに rectangle を指定し、大きな四角の広告を表示させることで、クリック率のアップが期待される。

ちょっとした設定の変更で広告収入のアップができれば、これほど嬉しい事はありません。

絶対アップする、ということは言えませんが、試してみる価値はあると思いますよ。

最後に

この記事を見ている方は、ホームページやブログをやっている方が多いでしょう。広告収入は上がってますか?クリック数はどうでしょう?

私は自分の経験を通し、ネットを使って自宅でも海外でもお金を稼ぐ方法をメルマガを通して無料でお伝えしています。

意外に、なんだ、こいうことでよかったんだ、という発見がきっとあります。非以下の無料メールマガジンを購読してみてください。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

Comment

  1. ピーチ より:

    レスポンシブで設定すると、実際の表示が横長になるのが気に入らず、さっそく上記の方法で修正したら、ちょうど良い具合の大きさになり操作も簡単で満足です。ありがとうございます。
    ところで、この時に広告の両脇に真っ青な面がけっこう大きく出てしまいますが、この色をなくすというか、いじる事は可能でしょうか?
    いかにも「広告」という抵抗感を感じます。

    • JIN より:

      遅くなってしまいすみません。
      既に解決済かもしれませんが、以下の記事が役立つと思います。
      http://tabibitojin.com/netbusiness_google_adsense/
      お使いのテーマのCSSが影響していると思います。
      まだどうしても解決できない、という場合には、お問い合わせフォームからブログのURLなどお知らせいただけると、更に的確なアドバイスができると思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です