知らないうちに「画像だけのページ」(「添付ファイルのページ」と呼ばれるもの)ができて、検索結果に表示される(インデックスされる)場合があります。

たとえば「ドメイン名/画像のファイル名」や「ドメイン名/attachment/画像のファイル名」といった感じで検索結果に表示されるわけですが、それをクリックしてみると、画像が表示されているだけのページとなっていて、「あれ?なんでこんなページが表示されるの?」といった感じです。

※)調べるには、「site:ドメイン名」でグーグルやYahooで検索してみてください。

こういったページは、コンテンツのないページとして、SEO的に検索エンジンから見ても無駄なページに見えるだろうし、それにより、ブログ全体の質が落ちる(つまり検索順位の低下につながる)要因にもなりそうです。(アドセンスの審査時にも同じことが言えそうですね)

ということから、こうした「画像だけのページ」が検索結果に表示されないように(検索エンジンにインデックスされないように)するにはどうしたら良いか、ここでは一緒に見て行きましょう。

画像だけのページと必要な設定

まず「画像だけのページ」とは、例えば以下のようなページです。

画像のファイル名と画像だけ、みたいな、正にそれだけ、というページ。

こういったページは、ほぼ意味がない、ということで、検索結果に表示されないよう、ここでは以下の順で設定等を紹介してます。

  • 1)検索結果に表示されないようにする設定
    • まずこれだけ行えばよい、という設定
  • 2)リダイレクトによる応急処置
    • 上の1)に加えて、応急処置的に行っておいてもよさそうな設定
    • 必要と思えばプラグインを使えばOK.
    • 必要性が分からなければ、特にしなくても良い。
  • 3)そもそも「画像だけのページ」ができる要因を排除する
    • All in One SEO での注意するべき点
  • 4)ネットで良く紹介されている、あまり意味がない設定を補足として紹介
    • ワードプレスのオプション設定

内容が多くなったので、必要な個所を順に見てみてくださいね。

1)検索結果に表示されないように設定

画像だけのページを、そもそも検索結果に表示されないように(インデックされないように)するには、グーグルの検索エンジンに「画像だけのページはインデックスしないでね」とお知らせしておけば良いですね。

このお知らせには、metaタグと呼ばれるものの1つで「noindex」というものを使います。(以下のような感じ)

このmetaタグは、htmlのheadセクション内(<head>~</head>の間)に記述するものですが、これを 「画像だけのページ」の場合につける、とすればOK。

何やら難しそうですが実際には簡単で、やり方は以下の4つぐらいがあります。

  • 1)使用しているテーマの設定を利用する
  • 2)プラグインを利用する(All in One SEO Pack など )
  • 3)functions.php に記述する
  • 4)テーマヘッダーに記述する

いずれのやり方でも良いですが、もっとも単純なのが1)「テーマの設定の利用」、続いて2)「プラグインの利用」。

それ以外の対応では3)か4)となりますが、functions.phpを編集するのは怖い、いやだ、という場合には、4)の「テーマヘッダーに記述する」で対応してみてください。

では、1、2、3、4の各々どうやるのか見て行きましょう。

1)テーマの設定を利用する場合

これは使用しているテーマ(賢威とかCocoonなど)にその設定があるかどうかによりますが、使っているテーマの設定の中に「SEO」とか「SEO設定」などがあれば、そこを確認してみてください。

残念ながらというか、私が愛用している賢威(ver7 or 8)のSEO設定にはありませんが、たとえば Cocoon というテーマでは、「Cocoon設定」の中の「SEO」の項目にあります。

このテーマでは初めから添付ファイルページは noindex に設定されているようです。(ということから、この記事を見ている人の中には Cocoon を使っている人はいない、ということになりそうですね ^-^;)

ということで、まず使用しているテーマの設定(の中にあるSEOの設定項目)を確認してみましょう。

2)プラグインを利用する場合

ここでは「All in One SEO Pack」というプラグインを使った noindex の設定の仕方です。

「All in One SEO Pack」は人気のプラグインの1つで、使用している場合も多いと思います。このプラグインを使用している場合には、プラグインの「一般設定」から noindex の設定をすればよいですね。

※)「All in One SEO Pack」を使ってない場合には、まずこのプラグインをインストールして有効化しておきましょう。

  • ①:ワードプレスにログインして、メニューから「All in One SEO」を選択
  • ②:「一般設定」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

一般設定が表示されたら、かなり下の方に「Noindex 設定」があるのでそこまでスクロール!

  • ①:Noindex設定の中にある「Default to NOINDEX」を見つける
  • ②:その中にある「メディア・添付ファイル」にチェックを入れる
  • ③:設定の下の方にある「設定を更新」をクリック!

以上で完了です。
プラグインの場合にはとっても簡単ですね。

3)functions.php に記述する場合

functions.php に記述するには、まずワードプレスにログインし、左のメニューにある「外観」から「テーマエディター」を選びます

テーマエディター(テーマの編集)を選ぶ

その後、「テーマのための関数」(functions.php)を選択し、ファイルの最後に以下のコードを記述(貼り付け)します。

(参考までに)
この中で、「if ( is_attachment() )」が「画像だけのページでは」という条件を付けていて、その場合には、<meta ~ >というコードを付けてね、という形になってます。

ここでは具体的に、賢威、Stinger、Simplicity、cocoonといったテーマではどうなるか、みておきましょう。

この操作によって、グーグルの検索エンジンに「画像だけのページはインデックスしないでね」とお知らせすることができ、仮に「画像だけのページ」があったとしても、検索結果に表示されなくなります。

賢威の場合

  • ①:「テーマのための関数」(functions.php)をクリックして選択
  • ②:ファイルの最後にコードを貼り付け
  • ③:「ファイルを更新」をクリック!

Stingerの場合

  • ①:「テーマのための関数」(functions.php)をクリックして選択
  • ②:ファイルの最後にコードを貼り付け
  • ③:「ファイルを更新」をクリック!

Simplicityの場合

  • ①:「テーマのための関数」(functions.php)をクリックして選択
  • ②:ファイルの最後にコードを挿入
  • ③:「ファイルを更新」をクリック!

cocoonの場合

  • ①:「テーマのための関数」(functions.php)をクリックして選択
  • ②:ファイルの最後にコードを挿入
  • ③:「ファイルを更新」をクリック!

4)テーマヘッダーに記述する場合

上で見た「functions.phpに記述する方法」ではなく、テーマヘッダーに記述するやり方を見てみます

まずワードプレスにログインし、左のメニューにある「テーマエディター」から「テーマヘッダー」を選び、<head>~</head>内に以下のコードを記述します。

(参考までに)
先頭にある「if ( is_attachment() )」が「画像だけのページでは」という条件を付けていて、その場合には、真ん中の行にあるmetaタグを挿入し、「検索結果に表示しないでね。インデックスしないでね」とグーグルにお知らせする、というわけです。

では、ここで具体的に、賢威、Stinger、Simplicity、cocoonといったテーマではどうなるか、みておきましょう。

【共通の操作】テーマエディターを選択

まずどのテーマにも共通しますが、テーマエディターを開きます。

  • 「外観」⇒「テーマエディター」(テーマの編集)を選択

その後「テーマヘッダー」を選択して、上で見たコードを挿入しますが、どのテーマもやることは同じです。

賢威の場合

  • ①:「テーマヘッダー」をクリックして選択
  • ②:<head … >を見つけて、その下にコードを挿入
  • ③:「ファイルを更新」をクリック!

Stingerの場合

  • ①:「テーマヘッダー」をクリックして選択
  • ②:<head … >を見つけて、その下にコードを挿入
  • ③:「ファイルを更新」をクリック!

Simplicityの場合

  • ①:「テーマヘッダー」をクリックして選択
  • ②:<head>を見つけて、その下にコードを挿入
  • ③:「ファイルを更新」をクリック!

cocoonの場合

  • ①:「テーマヘッダー」をクリックして選択
  • ②:<head>を見つけて、その下にコードを挿入
  • ③:「ファイルを更新」をクリック!

2)リダイレクトによる応急処置

上で見た「検索結果に表示されないように設定」すれば、その内、検索結果から「画像だけのページ」はなくなると思いますが、それまでの応急処置として、「画像ページがクリックされたら他のページを表示する」(つまりリダイレクトする)という対応もありますね。

このリダイレクトを使うとしたら
「画像が使われている元記事へ自動的にジャンプする」
が良さそうです。

この対応をするには「Attachment Pages Redirect」といったプラグインがあったりします。このプラグインはインストールして有効化するだけでOK。
(プラグイン⇒新規追加⇒「Attachment Pages Redirect」を検索してインストール⇒有効化)

このプラグインを使うと、動作的には以下になります。

  • 1)添付ファイが貼られている元記事がある場合
    • 画像だけのページにアクセスすると、自動で元記事が表示される
    • 検索エンジンには301リダイレクトを返す(恒久的なURL変更を検索エンジンに伝える)
  • 2)添付ファイが貼られている元記事がない場合
    • 画像だけのページにアクセスすると、自動でHOME(トップページ)が表示される
    • 検索エンジンに302リダイレクトを返す(一時的なURL変更を検索エンジンに伝える)
  • 3)添付ファイルが貼られている元記事はあるがゴミ箱の中や非公開
    • 画像だけのページにアクセスすると、404エラーが表示される。(ページが見つからないことを検索エンジンに伝える(ので、その内、検索結果からは消えることになる))

とりあえず「画像だけのページ」の対応を何らかしておきたい、といった、応急処置的に使うにはこのプラグインだけでも十分だと思います。

3)「画像だけのページ」ができる要因を排除する

上で見た対応をしておけば、仮に「画像だけのページ」が何らかの要因で生成されたとしても、検索結果に表示されなくなるので、「画像だけのページ」があるのかないのかを気にする必要はなくなります。

でも、そもそもですが、この「画像だけのページ」が検索結果に取り込まれてしまう要因を排除しておく、というのが良いですね。

良く原因となりそうなものは、以下2つ。

  • 1)画像のリンク先に「添付ファイルのページ」を指定している
  • 2)サイトマップの生成をプラグイン「All in One SEO」を使っている

1)画像のリンク先と「添付ファイルのページ」

画像のリンク先を「添付ファイルのページ」にすると、検索エンジンがそのリンクを辿って検索結果に表示する(インデックスする)ようです。

ということから、そもそも画像のリンク先として「添付ファイルのページ」は選択しない、としておけば良いですね。

2)「All in One SEO」を使っている場合

プラグインの「All in One SEO」を使っている場合に、この「画像だけのページが検索結果に出て来る」ということが良く起きているようです。

「All in One SEO」を使っている場合には、画像だけのページが検索結果に表示されないよう、「一般設定」の中にある「コンテンツタイプ設定」では「メディア」のチェックを外しておきます。

また「All in One SEO」でサイトマップ(sitemap.xml)を生成している場合には、以下にある②の「メディア・添付ファイル」のチェックは外し、③の「画像を除外」にチェックを入れておきましょう。

①の「XMLサイトマップ」が表示されていなければ、このプラグインでサイトマップ(sitemap.xml)を利用していないと思いますので、気にしなくてもOK.

4)【補足】ワードプレスのオプションを設定する

そもそも画像だけのページが作られないよう、ワードプレスのオプションで設定する、という解説もネット上では見られますが、これはあまり役に立ちません。(というか少々誤解があるようです)

参考までに紹介しますが、この設定で出来ることは、

画像を記事内に挿入した時、画像の「リンク設定」の「リンク先」の初期値を「なし」にする

というだけのもの。

リンク設定のリンク先の初期値を「なし」にするだけ

一応、この設定をするための手順を以下に紹介しますが、あくまで参考程度、ということで見ておけばOK。

(この設定画面は、昔のワードプレスでは「設定」の中から「その他の設定画面」でアクセスできていたものが、ワードプレス3.0あたりからこの設定が表面上削除され、直接アクセスして表示するものに変わってます)

手順は以下の通り。

  • 1)隠された設定画面(オプション設定画面)を表示
    • ドメイン名/wp-admin/options.php にアクセス
  • 2) 「image_default_link_type」を「none」に設定
    • 目で見て探しても良いが、ctrl+Fで検索窓を表示して「image_default_link_type 」 を検索すると速い
  • 3)変更を保存
    • 最後に「変更を保存」しておく

実際には以下の様になります。

1)オプションの設定画面を表示

ドメイン名/wp-admin/options.php にアクセスすると、以下のような
隠れている設定画面(すべての設定)が表示されます。

↓↓↓↓↓↓

2) 「image_default_link_type」を「none」に設定

表示されたオプション設定画面で、
「image_default_link_type」を探して「none」を設定。

目で見て 「image_default_link_type」 を探しても良いですが、ctrl+Fで検索窓を表示して検索するのが速いです。

  • ①:ctrl + F で検索窓を表示して 「image_default_link_type」を検索
  • ②:「none」を入力

↓↓↓↓↓↓

3)変更を保存

最後に変更を保存しておきます。

  • 画面下方にスクロールして「変更を保存」をクリック!

この設定をしたところで、単に画像に対するリンクの設定の初期値が変わるだけで、あまり意味がない、というところで参考までに。

今回のまとめ

その画像自体に非常に価値があり、画像以外にコンテンツ(文章)がなくても、その画像を見るだけで充分価値がある、という場合には、画像だけのページもありなんでしょうが、通常そのようなケースはまずないと思います。

となると、画像だけが表示されるページは意味がなく、アドセンス審査では価値のないコンテンツ、として扱われるでしょうし、普通にブログ運営していく中でも、グーグルから見れば同様に、価値のないコンテンツのあるブログ、ということになるのは十分考えられそうです。

ブログ運営する中で少し細かい所になりますが、中長期的に見た場合、不要なものは表示しない、価値あるコンテンツだけを表示する、としていくのが良さそうですね。

ブログでの収益化、という点について、あれこれ悩んでいる、うまくいかない、という場合には、以下のメルマガにも登録すると、ヒントが得られるかもしれませんよ。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね