ブログの記事でURL(URLスラッグ)を付ける時、基本は英単語とかを並べたりすると思いますが、その単語をハイフン「-」でつなぐかアンダースコア「_」でつなぐか、迷ったりします。

どちらが良いのか、またその理由は何があるのか、
グーグルの公式情報含めてまとめてみました。

※)HTMLやCSS、PHPなどワードプレスのプログラム系における
ハイフンとアンダースコアの使い分けについては以下参照してみてください。
【WordPress】ハイフンとアンダースコアの使い分け

「-」が推奨されている

まず結論ですが、URLスラッグはアンダースコア「_」でも良いですが、
ハイフン「-」にするのがおすすめ

理由はグーグルがそのようにオススメしているから。

グーグルの公式ドキュメント「シンプルな URL 構造を維持する」では
以下のように説明されてます。

  • URL には、アンダースコア _ ではなく「ハイフン – を使うのがおすすめ

たとえばの例としてですが
今「ワードプレスの人気のテーマ」について記事を書いたとします。

その時思い付くURLスラッグ(https://tabibitojin.com/xxxx の「xxxx」の部分)は、以下ぐらいの単語で考えることになると思います。

  • 「wordpress」(ワードプレス)
  • 「popular」(人気)
  • 「theme」(テーマ)

この時URLスラッグは、ハイフン(-)とアンダースコア(_)を使うと以下のようになりますね。

  • wordpress-popular-theme
    (ハイフンを使ったもの。グーグルのオススメはこちら)
  • wordpress_popular_theme
    (こちらでも悪くはないとされているアンダースコアを使ったもの)

結果としてその記事のURLは以下のようになります。

  • 1)https://tabibitojin.com/wordpress-popular-theme
    (こちらがグーグルのおすすめ)
  • 2)https://tabibitojin.com/wordpress_popular_theme

どちらでも良さそうですが、
グーグルは1)のハイフンでつなげる、をおすすめしています。

※ちなみに、ワードプレスで「URLスラッグ」の所に、全角でも半角でもスペースを入れつつ単語を並べると、自動でハイフン「-」が付くようになってますね。ワードプレス自体の機能として、基本はハイフンでつなげる、となっているようです。

なぜハイフンがおすすめ?

グーグルの公式ドキュメントでは、
なぜハイフンがおすすめなのか理由までは書かれてません。

つまりは、絶対的なものではないし、今現在ではその方が良い、ぐらいの意味合いにとれますが、ハイフンがおすすめされているのは検索エンジンの振る舞いに関連するかもしれません。

上の例のハイフンを使ったURLスラッグ「wordpress-popular-theme」、アンダースコアを使ったURLスラッグ「wordpress_popular_theme」で実際にグーグルとかで検索してみるとその理由も分かりそうです。

「wordpress-popular-theme」で検索

まず「wordpress-popular-theme」で検索してみると、
検索結果は以下のような感じで表示されます。


ハイフンでつながれた3つの単語「wordpress」「popular」「theme」が個別で検索されて、それら単語が1つ以上含まれている記事がピックアップされてそうだ、というのがこの検索結果を見ると分かります。

また「wordpress-popular-theme」 の並べた単語の順番も関係ないようで、上の例の検索結果3番目では単語の並びの順番が異なる「popular WordPress theme」が太字になってます。
(つまり単語の順番が異なっても関係なく、1つ1つの単語が検索エンジンに認識され、それら単語が含まれている記事が検索され表示されている、となりそうです)

こうしたことからも単語がハイフン「-」でつながれている場合、
つながれた単語1つ1つが検索対象になっていると言えそうです。

「wordpress_popular_theme」で検索

続いてアンダースコアでつながれた「wordpress_popular_theme」で検索してみると、以下のようになりますね。

検索エンジンは「wordpress_popular_theme」を1つの単語として検索していて、
この場合には「wordpress_popular_theme」という一塊の単語が含まれている記事がなかったため「一致する情報は見つからない」と表示されていると言えそうです。

  • ハイフンでつながれた文字列(xxx-xxx-xxx)は、
    そのハイフンでつながれた単語1つ1つが検索で検索される
  • アンダースコアでつながれている単語(xxx_xxx_xxx)では、
    全体で一塊の単語として検索される

この結果はグーグルもヤフーでも同じ、
Bingは異なり、アンダースコアでつながれた単語も1つ1つの単語として認識され検索結果が表示されるようです。

ハイフンとアンダースコアによる影響

以上から、URL中の単語をハイフンでつなげた場合とアンダースコアでつなげた場合に考えられる影響ですが、まずグーグルでもヤフーでも(Bingでも)実際色々検索を試してみると、URLは検索対象になってないようです

URLが検索対象になっていれば、より幅広く検索されるであろう「ハイフンでつなげる」ことが優先になるかと思いますが、検索対象になってなければどちらにしても影響はない。

他に考えられる影響としては、
ある記事のURLが「別のサイトやブログの記事内に記載された場合」。

  • 例1)tabibitojin.com/mountain-river-sea が記載された
  • 例2)tabibitojin.com/mountain_river_sea が記載された

例1ではハイフンでつながっているため、
「mountain」「river」「sea」のいずれかかで検索されると、その記載した記事が検索に引っかかる可能性はありますが、例2では「mountain_river_sea」とアンダースコアになっているため、正にその文字列である「mountain_river_sea」で検索されないと検索結果に出てこない、と考えられます。

ただ、日本語で書かれた記事に外部リンクとしてこうしたURLが記載され、
それをURLスラッグの英数字の単語で検索しようとする場合がどれだけあるかと言えば、多分限りなくゼロに近いと思います。
(少なくとも私はこれまでそうした検索をしたことが一度もないですし。^◇^)ゞ

つまりこの場合も、アンダースコアにしてもハイフンにしても結果として影響なし、と言えそうです。

全体としてみると、ハイフンにしてもアンダースコアにしても、どちらでも問題ないとなりそうですね。

今回のポイント!

  • URL中の単語をつなげるにはハイフン「-」がおすすめ
  • グーグルがハイフンでつなげることをおすすめしているから
  • 違いは検索のされ方にあるようだ
    (ハイフンでは単語個別に検索される/アンダースコアでは一塊の単語として検索される)
  • そもそもURLは検索対象になってないので
    アンダースコア「_」でもハイフン「-」でも、どちらでも影響は特にないと言えそう

こうしてみると、ハイフンでもアンダースコアでも、
個人の好みで決めれば良さそうですね。

ただネットの世界に大きな影響力を持つグーグルがハイフンをオススメしているので、特に何かこだわりがなければハイフンにしておくのが良さそうです。

また、ネットビジネスの進め方に迷っていたり、そもそもブログの収益化の仕方が分からない、などあれば、以下のメルマガからジャンジャン情報取ってみてくださいね。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短で月収10万円稼げるようになる方法 ~

お名前(全角文字)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

自らの手で未来を変える力を手に入れる!