色々テストブログを作ったり中古ドメインを使ってドメイン比較などをするためにワードプレスを立ち上げたりすると、結果として使わなくなったサイトがどんどん増えてしまった、整理したい、という場合があります。

ここではエックスサーバーの例ですが、使わなくなったドメインやサイト(wordpress)をサーバーから完全に削除する手順をご紹介です。

※)手順的に問題ないかはエックスサーバーに問い合わせ済

完全削除の手順

サイトの完全削除では、何を削除すれば良いか、ということで、まずサイト全体をイメージをしておきましょう。

サイトを完全削除するには、ワードプレスで使用しているデータベースを削除しますが、

  • データベースのユーザー名(②)
  • データベース自体(③)

を各々削除する必要があります。

また、ワードプレス本体(プログラムやアップロードした画像等)やサイト(ドメイン)に関連して作成したメールアカウントやメールのデータなども削除しますが、こちらは「ドメイン設定」内の一回の操作で一括削除できます。

ということで、サーバーからワードプレスのサイトを完全削除するには、以下4つを行います。

  • 1)削除対象の確認(DB名とユーザー名)
    • 削除したいドメイン(サイト)のMySQLデータベース名、MySQLユーザー名を確認
  • 2)データベースの削除
    • 削除対象のMySQLデータベースを削除
  • 3)ユーザーの削除
    • 削除対象のMySQLユーザー名を削除
  • 4)ドメインの削除
    • 削除対象のドメイン設定を削除
    • インストールしたワードプレスやメールアカウントなど、ドメインに関連するデータはすべて削除される

この4つの手順ですが、大きく分けて以下を行うことになりますね。

  • 1から3:ワードプレスで使われているデータベース関連の削除
  • 4:ワードプレス本体やドメインに関連して設定しているメールアカウントなどの削除

ではこの4つの流れに従って、サイトを完全に削除する手順を具体的に見てみましょう。

1)削除対象の確認(DB名とユーザー名)

まずデータベースの削除ですが、サーバーから完全に削除したいサイト(ドメイン)に対する「データベース名」とその「ユーザー名」をまず確認します。

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン。

↓↓↓↓↓↓

「WordPress簡単インストール」を選択。

↓↓↓↓↓↓

削除したいドメインを選択。

ここでは例として「example.com」というサイトを完全削除したい、ということで、「example.com」の行の「選択する」をクリック。

↓↓↓↓↓↓

「データベース名」、「ユーザー名」の確認

  • ①:削除対象のドメイン(サイト)か確認
    (ここでは「example.com」)
  • ②:「データベース名」をコピーしてどこかにメモしておく
    (ここでは「example_wp1」)
  • ③:「ユーザー名」をコピーしてどこかにメモしておく
    (ここでは「example_xyz」)

削除対象となるサイトの「データベース名」「ユーザー名」が確認出来たら、各々削除に移ります。

2)データベースの削除

まずはデータベースの削除。

メニューの下の方にある「データベース」の「MySQL設定」を選択します。

↓↓↓↓↓↓

データベースの一覧が表示されるので、その1ランの中から先ほどメモした「データベース名」を探します

  • ①:削除対象のデータベース名を探す
  • ②:削除対象のデータベース名の行の「削除」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

データベースの削除の確認画面が表示されるので、本当に削除して良いものを選んでいるか、確認します。

  • ①:削除対象のデータベース名になっているか、念のため確認
  • ②:このデータベースが使用されているドメイン(サイトのURL)が表示されるので、正しいかどうか改めて確認
  • ③:問題なければ「削除する」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

「MySQLデータベースの削除を完了しました」とメッセージが表示され、データベースの削除がまず終わり。

3)ユーザーの削除

続いてMySQLユーザー名の削除です。

※)補足:ユーザー名とデータベースの数について
エックスサーバーでは作成するデータベースの数の上限はなくなったようですが、ユーザー名の数の上限はあるようなので、ユーザー名もいらないものは削除しておくと良いです(2020年11月現在)

上の同じ画面(MySQL設定)から「MySQLユーザ一覧」を選択。

  • ①:「MySQLユーザ一覧」を選択
  • ②:MySQLユーザの一覧から、削除したいユーザ名を探す
  • ③:削除したいユーザ名の行にある「削除」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

ユーザー削除の確認が表示されるので、間違いないか確認後、削除します。

  • ①:削除対象のユーザ名になっているか、改めて確認
  • ②:問題なければ「削除する」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

削除が完了したメッセージが表示され、ユーザー名の削除は以上で終わり!

以上でまずワードプレスで使用していたデータベースの削除が終わりました。

4)ドメインの削除

データベース(MySQLデータベースとユーザー名)の削除が終わったら、設定しているドメインの削除を行います。

  • ※)注意ポイント
    ドメインを削除すると、インストールしたワードプレスは勿論、メールデータやメールアカウントなど、ドメインに関連するデータは全て削除されるので、必要に応じてバックアップは取りましょう。

メニューにある「ドメイン」から「ドメイン設定」を選択。

↓↓↓↓↓↓

設定しているドメインの一覧が表示されるので、その中から削除対象を探します。

  • ①:削除したいドメイン(サイト)を探す
  • ②:「削除」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

確認画面が表示さるので、削除対象に間違いないか確認して削除します。

  • ①:削除対象のドメイン(サイト)か改めて確認
  • ②:「削除」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

ドメインの削除が完了した旨の表示がされ、以上でドメインの削除も終わり!

以上で、サイトの完全削除が完了!

...ですが、ちょっとした補足も以下見ておきます。

その他:フォルダのチェックとサーチコンソール

ドメイン設定やデータベースの削除で完全に削除した、となりますが、中身のないフォルダとか、ゴミみたいなデータが残っているかもしれません。

またサイトの削除に伴い、サーチコンソールなどに設定していたら、その設定も削除しておきましょう。

1)ゴミが残っているか確認

FTPソフトを使っていればFTPを使えば良いですが、エックスサーバーの「ファイルマネージャー」を使って、ゴミが残っているか確認しておきましょう。

ファイルマネージャーにログインすると、サーバー上のデータ一覧が表示されます。

データ一覧上に、削除したはずのドメイン名が表示されていたら、そのフォルダを削除しておけばOK。

2)サーチコンソールなど

削除したドメインがサーチコンソールやその他SEO解析などのツールに登録していたら、そちらも順次削除しておくと良いですね。

最後の補足

長いことネットビジネスを進めて行くと、いろいろサーバー上に使ってないドメインとかがそのまま放置されてたりします。

放置しておいても良いは良いと思いますが、サーバー仕様の制限にひっかかると、いざ新しいブログを立ち上げよう、とした時に、あれ?作成できないぞ、ということになって、それから整理するのが結構大変。

エックスサーバーでは2020年11月現在の仕様として、作成するデータベースの数には制限がないようですが、データベースのユーザー名の数には上限がため、この上限に引っかかって「ワードプレスが立ち上げられないよ~」ということにもなりますね。(という経験したことあります(笑))

こまめに整理しておき、いざ新たに始めよう、とした時に、問題ないようにしておきましょう。

また、ネットで収入をあげたいけど中々上手くいかない、どういった筋道で進めて行けば良いか分からない、何年もやっているけど一向に収入にむずびつかない、などあれば、以下のメルマガにも是非登録してみてくださいね。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね