改行(<br>タグ)に対して高さを変更したい(高さを設定したい)という場合があったりします。

たとえば、サイトタイトルやブログの記事のタイトルに改行を使い、実際の表示ではその改行に高さを設定して見やすくする、みたいな使い方になりますが、ここではその <br>タグに高さを設定する方法をみてみましょう。

例文に対して検証

ではまず例として、以下のような改行を含む文があるとします。

  • CSSの設定法!(ここで改行)
    改行に高さを指定する方法は簡単か?

HTML的には、以下のようになりますね。

この<br>に高さを指定したい!という場合、以下の3つぐらいが考えられます。

  • 1)単純に line-height を使う(行の高さを指定)
  • 2)br に対して margin, padding を指定する(br タグの余白を指定)
  • 3)br に対して height を指定する(br の高さを指定)

ではまず line-height を使うとどうなるかから、順にみてみましょう。

light-height を使う場合

brタグに高さを設定しようと、br自体というより単純に line-height を使って行の高さを指定する場合、改行以外のところにも意図しない余白が生まれます。

分かりやすいようにちょっと極端ですが、line-height:100px と指定したとすると、イメージ的には以下のようになりますね。

これだと上下に マイナスマージンを指定したりして、ちょっと面倒になりますね。

<br>に高さを設定

そこで、brタグに直接高さを持たせられるように、br に margin や padding, height を使いますが、ちょっとした「おまじない」をすると上手くいきそうです。

margin を使う

まず margin ですが、<br>に対して以下のCSSを設定すればOK.

  • display: block;
    • 高さ方向を margin で指定できるように、displayプロパティに blockを指定
  • content: “”;
    • display:block; を追加しただけでは br タグは高さを持てないようなので、contentプロパティを入れてます(本来の使い方とはまたちょっと違う感じですが、おなじない、というところ)
  • margin: 10px 0;
    • 改行の上下に 10px のマージン(余白)を持たせる場合

このCSSを設定するとイメージ的には以下のようになります。

padding でも OK

上の例では改行(<br>)に対して margin を指定してますが、margin の代わりに padding を使っても良いですね。

このCSSを設定するとイメージ的には以下のようになります。

height を使ってもOK

br に高さを指定する、ということで、分かりやすく margin や padding の代わりに height を使っても勿論OK。

このCSSを設定するとイメージ的には以下のようになりますね。

ポイント

「content: “”;」を使うことで br にも高さが指定できましたが、単純に上の例のCSSを使うと、ヘッダーやフッター、サイドバーなど含めて、すべての箇所の改行(brタグ)に適用されてしまうので、ここには注意ですね。

以下の記事などを参照し、適用箇所の範囲はどこなのかを調べ、その範囲内での適用としていきましょう。

ブログのデザインカスタマイズの決め手!CSSの適用範囲を確認する技

また、ブログで収益化を図りたいがどうすれば良いか分からない、とか、ネットビジネスで収入を上げるための道筋を1つ1つ順に知りたい、という場合には、以下のメルマガにも登録してみてくださいね。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね