ワードプレスのブログを引っ越ししたい!コピーをしたい!そうそうなさそうで、実はこういった場合は結構あります。

私の場合、ワードプレスで作り上げたブログをパソコン上のローカル環境にそのまま再現させたい(バックアップみたいなものですね)、ということがたまにあり、これまで独自でやってたりしましたが、これが手間暇がかかるんですね。

ここで噂のプラグイン「duplicator」を使ってみるとあら不思議、こんなに簡単にできるのか、と驚きました。では早速その手順を一緒に見てみましょう。

引っ越し/コピーの全体の流れ

まずは全体の流れを見ておきましょう。

今回は、ネット上にあるブログをパソコン上のローカル環境に移しますが、ネット上にあるブログを別ドメインのブログへ移動するのも基本は同じです(でこの後実際に行いましたが同じようにできました)

  • 1)引っ越し元で行う手順
    • 1-1)プラグイン「duplicator」のインストールと有効化
    • 1-2)引っ越し元のブログのデータをダウンロード
  • 2)引っ越し先で行う手順
    • 2-1) ダウンロードした引っ越し元のデータをアップロード
    • 2-2) wp-config.phpの退避
    • 2-2)実際にブログに取り込み
  • 3)最後の仕上げ
    • 引っ越しに使った余計なデータの削除

大まかに見れば、以上6つの手順で終わりです。
この中で、途中の設定などの入力箇所以外で手動で行うのは、

  • 2-1)のデータのアップロード
  • 2-2)の wp-config.phpの退避

の2つだけ。(今までの手間暇が嘘のよう...)

では事前準備から順番に1つ1つ実際にやって見ましょう。

関連記事 >
ブログはネット上で動作します。仕事などでよく利用するエクセルやワードなどはパソコン上で動作するので、ここが全然違いますね。 エクセルやワードのファイルなら、何か修正するにしてもすぐファイルをコピーしてバックアップをとることができますが、ブログとなるとそうもいきません。 特に外観のデザイン、項目の表示順

事前準備

事前準備は、引っ越し先のブログを立ち上げておくこと。
ワードプレスも「インストールだけ」しておいてください。

つまり、生まれたてホヤホヤ状態のブログが引っ越し先として存在している、という状態ですね。

1)引っ越し元で行う手順

1-1)プラグインのインストールと有効化

引っ越し先のブログの準備が整ったら、次は「引っ越し元」のブログでプラグイン「duplicator」をインストールし、有効化を行います。
(引っ越し先のブログでは、このプラグインのインストールは不要(手順の中で自動的にインストールされます))

引っ越し元のワードプレスにログインし、
「プラグイン」⇒「新規追加」で、

  • ①「duplicator」を入力
  • ② プラグインが表示されるので、「今すぐインストール」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

続いてプラグイン「duplicator」の有効化です。

  • 「有効化をクリック!」

↓↓↓↓↓↓

1-2)引っ越し元のデータをダウンロード

プラグインのインストールと有効化が終わると、メニューに「Duplicator」と表示されます。メニューの「Duplicator」にマウスカーソルを持って行くと、更にメニューが表示されます。

  • メニュー「Duplicator」から「Packages」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

続いて、以下のような空虚な画面(笑)が表示されますが、「Create New」をクリック!

  • 「Create New」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

最初の設定画面が出ますが、名前のところだけ分かりやすい名前を付けておけばOK.
(項目をクリックするといろいろできそうですが、特に何もしなくてOK)

  • ① 分かりやすい名前を付けておく
  • ② その後「Next」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

ブログ内のスキャン(データの調査)が始まります。
(Scanning Siteと表示されるので、ちょっと待ちます)

↓↓↓↓↓↓

ブログ内のスキャンが一通り終わると、以下のような「Scan Complete」という画面が表示されますので、全て「Good」になっているか確認してみましょう。

  • 特に問題なければ下段にある「Build」をクリック!

※)1つ1つ項目をクリックするとスキャン結果が見れます

  • 補足)サイズが大きい場合
    • 小規模サイトでは全く問題ないですが、サイズが大きいサイトの場合(150MBを超える場合)、以下のようにSize Checkに「Notice」と表示されます。


      これは、サイズが大きいので処理時間がかかり、サーバーによってはタイムアウトしてしまうかもしれない、というお知らせです。

      下方の「Yes」にチェックを入れれば、その後下段に表示される「Build」がクリック出来る状態になります。

      (ここの例では、若干大きめのサイトに対して行ったためこうした表示がされましたが、まずは進めてみたらすんなりいきました。使っているサーバーは、エックスサーバーです)

↓↓↓↓↓↓

元ブログのデータの取得(コピー)が始まります。(しばらく待つ)

↓↓↓↓↓↓

データの取得(コピー)が終わると、以下のような画面が表示されます。

必要なデータは「Installer」と「Archive」の2つ。
この2つをダウンロードしますが、2つ同時にダウンロードする場合は「One-Click Download」をクリック!

  • 「One-Click Download」をクリック!

※)注意
「One-Click Download」をクリックしても「Installer」しかダウンロードされない場合があるようです。その場合には「Archive」のボタンをクリックして、そちらも個別にダウンロードしましょう。

↓↓↓↓↓↓

ダウンロードした後は、ダウンロードの場所を確かめておきます。

ここではブラウザはグーグルクロームを使っている例ですが、「右クリック」や下三角カッコなどをクリックして「フォルダを開く」から、ダウンロードしたファイルを確認しておきましょう。

参考までに、私のパソコンでは、以下のような感じで、「installer.php」と「Archive」(手順中に付けた名前+数字列のzipファイル)がダウンロードされました。

2)引っ越し先で行う手順

2-1) ダウンロードした引っ越し元のデータをアップロード

ここまでで、元のブログからのデータ(「Installer」と「Archive」の2つ)がダウンロードできました。続いてこの2つを、移転先のブログへアップロードします。

  • 「Installer」と「Archive」のアップロード先
    • ワードプレスのルートフォルダ
関連記事 >
ブログを運営していると、サーバー(エックスサーバーなどのレンタルサーバー)に何かファイルをアップロードしたい!という場合が出てきます。 例えばグーグルの無料サービス「グーグルサーチコンソール」(ウェブマスターツールと呼ばれていたもの)にサイトを登録する時に確認用のファイルアップロードが必要だったり、ワー

「Installer」と「Archive」は、移転先のワードプレスのルートに移動(コピー)します。

「Installer」と「Archive」の2つはワードプレスをインストールしたフォルダ(ルートフォルダ)に移動(コピー)します。

↓↓↓↓↓↓

※)ネット上の別ブログへ移動する場合
別ブログへ移動する場合では、URLが xxxx.com/public_html (エックスサーバーの場合)などになりますので、ワードプレスがどこのフォルダにインストールされているか、サーバーのマニュアルなどを見て確認してみてください。

2-2) wp-config.phpの退避

続いて、ワードプレスのルートフォルダ内にある「wp-config.php」の名前を変えておきます。

ここでは、「wp-config-old.php」等にしておきます。
後の手順でこのあふぃるの中身を参照するため、すぐファイルを開けるようにしておきましょう。

  • ※)ワンポイント
    「wp-confi.php」を「wp-config-old.php」と名前を変えることで、ブログに普通にアクセスできなくなりますが、気にしなくてOK。(アクセスしたい場合には、名前を元に戻せばアクセスできます)

2-3)実際にブログに取り込み

では、いよいよ引っ越し先のブログへデータを取り込みます。以下にアクセスしてみましょう。

  • アクセスするURL:引っ越し先のブログのURL/installer.php

ここではパソコン上のローカル環境に「jin-test」を作っているので、
localhost/jin-test/installer.php にアクセスをします。

実際のネット上の別ブログへの引っ越しでは、
そのブログのドメイン名/installer.php
になりますね。

で、アクセスをすると、以下の画面が表示されます。

  • ① Configuration File のところに「Warn」が出てないことを確認
    • 「Warn」が出ているということは、wp-config.php がまだ存在する、ということになります。1つ前の手順の「2-2) wp-config.phpの退避」に戻りましょう
  • ② 利用条件を読んだか、その内容は問題ないかの確認なので、先頭をクリックしてチェックを入れる
  • ③ 「Next」ボタンが表示されるので、こちらをクリック!

↓↓↓↓↓↓

データの取り込みプロセスが開始されます。(しばらく待ちます)

↓↓↓↓↓↓

続いて以下の「データベースにアクセスするための情報入力」の画面が表示されます。一番の難所に思えるかもしれませんが(笑)落ち着いてやれば大丈夫。

  • ① データベースのホスト名を入力
  • ② データベース名を入力
  • ③ データベースのユーザー名を入力
  • ④ データベースのパスワードを入力

これらの情報は、2-2) wp-config.phpの退避で名前を変えた「wp-config-old.php」の中を見ればわかります。

30行目前後に必要な情報があります。
①のデータベースのホスト名が最後にあったりして順番が若干異なりますが、1つ1つ間違えないように確認しながら入力していきます。

↓↓↓↓↓↓

各項目の入力完了後は、下段にある「Test Database」をクリックしてみてください。
(入力内容に問題ないか確認のためのテストが行えます)

  • 「Test Database」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

問題なければ、以下のように緑字で「Success」(成功)と表示されます。

  • では続いて「Next」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

確認画面が出るので、さらっと確認。

  • 「Yes」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

実際に引っ越し先のデータベースへの取り込みが始まります。(しばし待ちます)

↓↓↓↓↓↓

続いて、データのアップデート確認です。

  • 「Next」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

実際のアップデートが開始されるので、しばし待ちます。

↓↓↓↓↓↓

以下の画面が表示されたら完了です。(かなりあっけない)

  • ではブログにアクセスするために「Site Login」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

引っ越し先のブログのユーザー名、パスワードを入れて普通にログインします。

↓↓↓↓↓↓

ログイン後、以下の画面が表示されます

基本はこれで引っ越し完了ですが、少し最後の仕上げをしておきます。

↓↓↓↓↓↓

3)最後の仕上げ

最後に、引っ越しに際して使ったデータを念のため削除しておきます。

先ほどの画面内で「Remove Installation Files」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

画面の情報に緑字で、「File Removed: xxxxxxx」と、不要なファイルが削除されたことが表示されます。

最後に「Clear Build Cache」をクリックして、その他不要なキャッシュファイルも削除しておきましょう。

↓↓↓↓↓↓

確認画面が出ますので「OK」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

「Build cache removed.」(キャッシュもクリアされたよ)と表示されてすべて完了!お疲れさまでした!

ちなみに、元ブログの方では、再びメニューから「Duplicator」を選ぶとどうなっているか、と見てみると、

みたいに、先ほどダウンロードしたデータがまだ残っています。

改めて同じデータをダウンロードしたい、という場合には、右にある「installer」「Archive」をクリックすればOK。またこれはもう不要、ということであれば、先頭にチェックを入れて「Delete」を選び、「Apply」をクリックすれば、そのデータも削除できます。

今回のまとめ

このプラグインを試すまでは、

  • このブログをパソコン上のローカル環境に持ってきたい
  • このブログをローカル環境でいろいろテストしてみたい
  • このブログのバックアップを簡単にとっておきたい

という場合には、手作業であれこれしては、非常に時間がかかってました。今回試して見たら、「え?こんなに簡単?」と感動を覚えましたので、これは便利そうだ!という場合には是非試して見てください。

色々調べてみると、このプラグインでうまくいかない場合もあるようで、その際には別のプラグインなどを探して試して見てくださいね。

また、ネットで収益化をはかりたい、という場合には、以下のメルマガにも登録してみてください。何かいいことがあるかもしれません(笑)

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね