インターネットビジネスで自由に生きる!早期退職して海外移住したJINのブログ

トレンドアフィリエイトで稼ぐ!有料ブログと無料ブログの違いとは?

  2015/11/11   あとで読む

約 4 分で読めます

keyboard

トレンドアフィリエイトを始める、本格的に取り組むにあたって、はじめに悩むポイントの1つが「無料ブログを使うか」「有料ブログを使うか」というものです。

無料ブログは勿論無料で使えるサービスを使ったブログ、有料ブログは独自ドメイン名をとりレンタルサーバーと契約をしてブログを運営する、といった使用料がかかるもの。

ここでは、今後トレンドアフィリエイトを進めるにあたり、無料ブログと有料ブログの違いは何かを知り、メリットデメリットをよく理解した上で、夢の実現に向けて進みましょう。

簡単動画解説

動画で簡単にポイントを解説をしていますので御覧ください。

詳しくは以下を御覧ください。

トレンドアフィリエイトで使うブログ

無料ブログは、So-net(ソネット)BIGLOBE(ビッグローブ)に代表される、無料で使えるブログです。

一方有料ブログは、自分で独自のドメイン(ヤフーなら yahoo.co.jpといった独自の名前)を取得して、ブログを動かすためのサーバーを契約し、各々使用料を払って使う、といった文字通り有料のブログです。

有料とはどれぐらい?

気になるのは、では「有料はどれほどお金がかかるのか」というところですが、必要となるドメイン名の取得とレンタルサーバー代を見てみると...

独自ドメイン名の取得

まず必要になるのが独自のドメイン名。

ムームードメインというドメイン名取得サービスがあり、ここは私がネットビジネスに本格的に取り組む以前から利用しているところです。

雰囲気は初心者向けのようですが、今に至るまで利用していて何の問題もありません。

例えば「.com」が最後につくドメイン名では(現時点では)最初の一年が¥680。2年目から年間¥1,280。

レンタルサーバーの利用

独自ドメインでブログを使うには、レンタルサーバーが必要です。

レンタルサーバーも色々とありますが、こちらも私が使っていて信頼度抜群の「エックスサーバー」であれば、月額千円の1年で12,000円.(初期費用¥3,000)

月額、年間どのくらい?

ドメイン名とレンタルサーバー代をあわせると、

  • 初期費用込みで初年度15,680円。
  • 1ヶ月で言えば千円ちょっと。

というレベルです。

これぐらいなら以下に解説している利用の効果を考えると問題とはなりません。

自腹を切るのが「コレでも辛い!」というあなたには、是非実践に入る前に「自己アフィリエイト」を利用して経験と軍資金の獲得をしてみてくださいね。

頑張れば2万円ぐらいは稼げます。

【無料ブログ】練習の位置づけ

無料ブログは、別記事でも解説しているように本格的にトレンドアフィリエイトに取り組む前の練習用の位置づけで使ってみるのが良いです。

その理由は主に以下の3つ

  • 1. お金がかからないから気軽に使える
  • 2. ブログに慣れる、記事を書く練習ができる
  • 3. ヤフーやグーグルといった検索エンジンへの反映が早いので、投稿した記事を実際にすぐネット上で確認できる

どれも重要なポイントですが、特に3番目は見落としがち。

使ってみれば分かりますが、記事をブログに投稿すると、翌日にはすぐヤフーやグーグルで記事タイトルなどで検索して見つかります。

有料ブログでは、特にまだ始めたばかりの頃ともなれば、数日、または1週間ぐらいかかって初めてヤフーやグーグルで検索して見つかる、といった、ネット上に反映されるのにかなりの時間がかかります。
(有料ブログも記事数が増え毎日投稿するなどしていると、すぐ反映されるようになります)

このように無料ブログを使えば、選んだキーワード(記事のテーマ)が良かったかどうかをすぐに見ることができ、記事を書く練習にはとても便利です。

【有料ブログ】有料の方が強い!

それなら無料ブログを使い続ければいいじゃない、と思いますが、そこはまた良い面もあればそうでない面もあります。

トレンドアフィリエイトでは、いかに多くのアクセスを集めるか、つまりブログに投稿した記事をどれだけ多くの人が見に来てくれるかが一番のポイントですが、多くの人が見に来てくれるためには、ネットで検索した結果に表示される一覧の出来る限り上位に記事が表示される必要があります。

ネットの検索結果で2ページ目や3ページ目に自分の記事があっても、1ページ目の1番めや2番めに表示される記事と比べれば、どちらが多くの人が読んでもらえるかは明白でしょう。

この点に関して言えば、同じような記事を書いた場合、無料ブログの記事より、有料ブログの記事の方が上位に表示されます。つまり読んでくれる人が多い、アクセスが多い、という結果になります。無料ブログより有料ブログのほうが「強い」のです。

仮に無料ブログで運良く他の人がまだ書いてない記事を書き「検索結果の順位1番をとったどー!」となったとしても、それはつかの間の幸せに過ぎません

あとから有料ブログで同じような記事がたくさん書かれれば、どんどんと順位は下降し、気が付けば、3ページ目、4ページ目においやられていた、ということになってしまいます。

これからネットビジネスに取り組もう、トレンドアフィリで稼ぐぞ!という場合には、長期的に見れば、有料ブログのほうが圧倒的に稼げます

稼ぎが出だすと使用料は稼ぎから出せば良いので、全く問題になりません。

有料ブログが強い理由

なんで有料ブログの方が無料ブログより強いのか。

これは会社に例えると分かりやすいと思います。

  • 無料ブログ
    無料ブログは、So-netなどが運営する無数のブログの1つです。例えてみれば、大会社の1部署のようなもの。
  • 有料ブログ
    有料ブログは、ある日突然できた小さな会社。ちょっと風が吹けば地球の果てまで飛んでいきそうな勢いです。

ヤフーやグーグルといった検索エンジはとても賢く進化しています。

その検索エンジンから見て、

  • (無料ブログ)大企業の1部署と、
  • (有料ブログ)まだ成長が未知数のできたてホヤホヤの会社

と同じ記事内容でもどちらが有益だと思うでしょうか?

小さい会社(有料ブログ)は、出来たてこそ信頼度0(記事数0)でスタートしますが、着実に実績を積み(記事を書き)、資産も多くなり(記事数も増え)読者も集まり出すと、中堅会社、大会社へと成長をするのです。

こうなると、例え同じような記事を書いたとしても、

  • (無料ブログ)大会社の1部署の記事と、
  • (有料ブログ)今は立派に成長した会社の記事

を比べれば、賢く進化した検索エンジンからどちらが有益度や信頼度は高いと判断されるか、言うまでもないでしょう。

検索エンジンから見て有益だ、信頼できる、と思われたら、検索順位もどんどん上位に変わり、その順位も1番とか2番に表示されるようになるのです。

つまりトレンドアフィリエイトでもっとも重要な要素、読んでくれる人が圧倒的に多くなる(アクセスが集まる)ということですね。

これが、トレンドアフィリエイトでは無料ブログで練習して有料ブログに進むのがセオリーと私が言っている理由です。

突然削除される?!?

最後に無料ブログの大きなリスクについて解説します。

これもよく言われますが、

  • 無料ブログはあくまで無料ブログを提供しているサービスが管理している

ということから、サービス側から突然凍結されたり削除されたり、といった大きなリスクと隣り合わせ

理由は利用規約に違反している、芸能関係によくある画像を無断で使用しているといったクレームが入った、など、いくつかの事例があるようですが、問題は折角育てていたブログを一瞬で失うこと。

稼ぎが出ていても、もうその時点ですべてが終わりです。残っているのは書いた記事の断片的な記憶だけ。

毎日すこしづつ記事を積み重ねている中、これでは泣くに泣けません。

私の知る人の中では、そこまで行った実例は聞きませんが、こういった無料の物には必ずリスクが存在する、ということはよく理解しておいて下さい。

ここまでの復習

  • 無料ブログの位置づけは練習用。
  • 有料ブログで必要なのは独自ドメイン名とレンタルサーバー代。月に千円ちょっとぐらい。
  • 有料ブログは無料ブログより強いので、検索順位も上位が狙える。
  • 無料ブログは弱いので、仮にはじめに検索結果の上位に表示されても、その順位もどんどん下がる。
  • 無料ブログの大きなリスクは、凍結や削除との危険と隣り合わせということ
  • 有料ブログは自分が管理するものなので、凍結や削除といった心配はない

トレンドアフィリエイトに取り組むにあたり、無料ブログと有料ブログの違いはよく理解しておいて下さいね。

理解のポイントは、有料なのか無料なのか、ということではなく、トレンドアフィリエイトの実践における各々の位置づけです。

上手に使い分けてトレンドアフィリエイトを実践していくことで、あなたの夢にまた一歩近づいて下さい。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です