インターネットビジネスで自由に生きる!早期退職して海外移住したJINのブログ

中途採用の面接の質問は?退職理由をきかれたらどう答えれば良い?

  2015/05/13   あとで読む

約 3 分で読めます

希望や不安が入り混じる中途採用。
いろいろ当たっては砕け、やっと面接まで来たものの、基本の質問となる「退職理由」ははたしてどう答えれば良いでしょう?

丸い卵も切りようで四角。ものも言いようで角が立つ。言い方一つ、考え方1つで、自分自身にとっても面接してくれる面接官に対しても、伝わり方も全然変わってくるというものです。

ここでは、中途採用の面接における基本中の基本、避けて通れない「退職理由」(転職理由)への受け答えについて、一緒に見てみましょう。

中途採用、転職にはつきものの

新卒採用との一番の違いは、前職があること。面接での質問でも、必ずきかれる前職の「退職理由」(転職理由)。

新卒は勿論前職はありませんが、中途採用となれば「どうして前の会社をやめたのか」、その理由は採用する側からしてみれば最も大きなポイントの1つです。

退職理由を聞かれる意図

当たり前のように聞かれる「前職の退職理由」ですが、聞く方も単に形式までに聞いているわけではありません。勿論そこには大きな意図があって質問しています。

果たしてこの人は採用しても続けてくれるだろうか、同じ理由ですぐやめてしまわないか、と面接する側も真剣です。

仮にすぐ辞められてしまえば、採用しても時間とお金(給料や維持費)の無駄になるだけで、単なる損失よりも大きな無駄になってしまいます。

またその退職理由、転職理由を聞く過程で「その人となり」「応募に対する熱意」などが出てしまうのもこの質問。

面接に対して真剣に回答を用意している人は多分こういったことは言わないでしょうが「前の会社の不平不満」を並べ立てたりする人は、たとえそれが正しいとうなずけるようなものだったとしても、ネガティブなことばかりをいう人と受け取られ、これでは絶対採用にはなりません。(逆の立場で考えてみれば自ずと分かりますよね?)

中途採用を希望する側も、面接する側のこういった事情や心情を理解した上で、回答を用意しておく必要があります。

理由の説明

前職での退職理由は、掘り下げてみれば実際は様々な要因があるでしょう。

  • 上司とあわない、気に入らない
  • 同僚や先輩、後輩とうまくいかない
  • 労働時間や環境に不満あり
  • 残業が多い
  • 給料面での待遇の不満
  • 評価されない
  • 休みが少ない
  • パワハラ、モラハラにあった
  • セクハラにあった

一般によく言われる転職理由をあげてみても、実に様々。

色々と言いたいことがあったとしても、前職での不平不満は言うだけマイナスポイントが増えるだけ。

採用する側にしてみれば、採用してもまた同じ理由で辞める可能性が高い。これでは採用は見送るしかない、ということにつながります。

欲しい人材は不平不満を言う後ろ向きな人ではなく、あくまで前向きな人。

ということから、退職理由を聞かれても前向きな回答が必須です。

前向な回答

前向きな回答は、もちろん自分自分の向上のため。つまりキャリアップややりたことが別にでてきた、将来に向けて前向きに考え退職し、その結果、自分と方向性と一緒な会社、新たに自分のやりたいことができる、実現できると考えた会社が応募先である、ということです。

先ほどでてきた後ろ向きな内容が主な理由だったとしても、それを前向きに考える努力も必要です。

  • 何々ができなかった
    →「何々がしたいと考えた」
  • 何々が不満だった
    →「何々がもっと必要と考えた」

など、考え方ひとつでマイナスもプラスに変わります。

当たり前ですが面接官は採用にあたっては非常に慎重です。人を雇うことは、会社からしてみれば投資と同じ。

ひと通り説明しても更に詳しくつっこんで質問してくる方も多いことから、退職理由、前向きな理由については、自分でも更に更に掘り下げて考えておくことが、面接においても、その後働く場面においても重要となってきます。

マイナスをプラスに変える考えをもつことで、自ずと行動も変わってくるというものです。

まとめ

  • 新卒採用と大きく異る質問は「前職の退職理由」
  • 面接官は、その理由から採用しても続けてもらえるかを判断しつつ、また「その人となり」を見ている
  • 本当の理由は不平不満など含めて様々。
  • それでも採用する側には、後ろ向きな理由はNGで、前向きな理由を考え方を変えて用意する必要がある。
  • 前向きな考えを掘り下げることは、その面接のみならず、その後の仕事にも大切なこととなる。

難しいかもしれませんが、退職理由の明確化、更に掘り下げつつ前向きなものとすることは、面接だけでなくその後にとってもとても重要な事です。

面接を良い機会と捉え、未来に向けて新たな思考を自分の中で組み立てましょう。

今後を考えると

こうした面接に対する努力、そしてその先に待っている新たな仕事。どれだけ理想に近い職場でも不平不満は同じように湧き上がります。

さてその時あなたはどうするか? 同じようにやめてまた同じようにつらい時期を過ごしながら別の会社探しますか?

学校を卒業して会社に就職して一生を過ごす、何かの問題があれば転職する。多くの方はこうして毎日を過ごしてますが、これはあくまで1つの選択肢。

他に選択肢がないように考えているとしたら、それは他の選択肢を教えられてないだけで、実は他にもいろいろな可能性が存在します。

周りを見てみれば、実感が中々伴わない日本の景気、就職、転職しても上がらない給料や複雑な人間関係からのストレス、将来に向けた生活不安や老後の心配など、いつまでたっても不安が消えない、どうすれば、と考えているのも貴方だけではありません。

私はそんな中、会社を早期退職して海外移住してしまいましたが、会社に依存し続ける、現状維持だけを考えていく、というだけでは、後々つらい状況にもなるでしょう。

それでも経済的に少しでも安定する方向にもっていくために、今まで以上に新たな選択肢を得たり、新たな収入源を得る必要性も高まって来ていると思います。

現在私は自分の体験を通し、そうした先を見越して何かしなければ、と考えている人向けに無料のメールマガジンを配信しています。詳しくは以下をご覧ください。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です