インターネットビジネスで自由に生きる!早期退職して海外移住したJINのブログ

海外旅行の資金の目安はどれぐらい?みんな費用はどうやって貯金してるんだろう?

  2016/02/16   あとで読む

約 3 分で読めます

いつも家族のために一生懸命働くお父さんとお母さん。

忙しい毎日が続きますが、そんな中でもまとまったお休みが取れる時には、行ってみたいな海外旅行!

overseas_traveling

いつもとちがう場所、いつもと違う雰囲気の中で、家族一緒に楽しいひと時が過ごせれば、頑張って働いてきてよかった~、と今後の働く力にもなろうというものです。

それでも気になるのはやっぱり「費用」

実際かかる費用は、時期や場所、宿泊するホテルによっても勿論異なります。

正確には旅行代理店に聞くお話しですが、
そんな旅行費用と、なによりも皆さんどうやって費用をためてるんだろう、といったことから、ちょっと調べて見てみれば...

気になる費用はどれぐらい?

気になる旅行費用をまず見てみると、
海外旅行の費用を調べたいと思ったら、まずはこれでしょ「H.I.S」。

HISHISのサイトを見てみる!

時期やツアーの内容にもよって大きく違ってきますが、ひとまずこちらで目安として見てみましょう。

よくアジアなら10万円、欧米では20万ともざっくり言われますが、スタッフお勧めツアーを見てみると...

具体的に見てみよう

  • ロンドン 6日間
    89,800円~109,000円
  • パリ 6日間
    89,800円~129,000円
  • ハワイ 5日間
    71,800円~126,000円
  • ロサンゼルス 6日間
    79,800円~249,000円
  • ゴールドコースト 5日間
    99,800円~129,800円
  • 香港 3日間
    19,800円~42,800円

ほっほ~ (゜o゜)

全て成田か羽田発の場合を見てますが、お手軽なのはなんといっても私も現在暮らしているアジアです。(いや、近いから当たり前なんですが)

遠くなるほど費用も時間もかかります。
ロスの6日間では最大25万円ほどもにもなるんですね。

これはオスススメと言いつつも、相当良いホテルに滞在、ということでしょうか。

次は費用の確保だ!

費用は希望先によって変わりますが、いきなりどこどこに行こう!というよりは、どこどこに行いたいからいくら貯めよう!というのが基本でしょう。

やっぱり行きたいところに行って、憧れの地でのんびりしたいですよね?

そのためには必要なのは費用の確保。

海外旅行に行かれる方は、どうやって費用を確保しているんでしょう? やはり地道に貯金なんでしょうか?

費用の確保はどうしてる?

面白い方法で費用の確保している人いるかなと思い、いろいろ調べてみても、やはり基本はコツコツ貯金でした。^◇^)ゞ

強制的に貯める

旅行費用だけではありませんが、結婚資金にしろ引っ越し費用にしろ、必ず貯めるようにするには強制的が一番です。

特にどうしても使ってしまって残らないよ、という人は

給料天引き

が効果的。これを活用している方、結構いるようです。そう、初めからその分はないものとして扱うんですね。そしてポイントは、

別口座に貯めること

この口座には絶対手を付けない、というのが最も分かりやすくて効果的。

お小遣いでも同じです。
悲しいでしょうけど、今まで月に3万円もらっていたところ、強制的に2万5千円にするなどで、ちょっとは我慢してみましょう。

  • 給料の天引き
  • 別口座に貯める

ちょこちょこ貯金も意外に貯まる

また私も昔やってましたが500円玉貯金。
これ、意外にたまります!

とにかく500円玉もらったらそれは貯金してしまうんですね。

毎日のちょっとしたことを貯金にして、
いつの間にか結構な額がたまっていることに。

※)真面目すぎると、財布の中身が尋常ではないスピードでなくなります!
 ちょとした注意が必要ですね。

※)これ、私は真面目にやってたんですが、妻はちゃっかり!?やってませんでした。orz...

  • 500円玉貯金の活用も考える

旅行専用の貯蓄プラン

旅行専用の貯蓄プランもあるのはご存じですか?そういったものを活用するのも1つの手段。

ちなみにH.I.S.では「貯めチャオ」というのがあります。面白い名前ですが、旅行費用積み立てプランです。

毎月少しづつ費用を積み立てて、満期になるとH.I.Sからのサービス額を加算したH.I.S商品券がもらえるのだとか。銀行の利息に比べてかなりお得!と言われてます。

  • 旅行用の貯蓄プランもある

HIS_chao「貯めチャオ」を見てみる!

費用のかからなくなる工夫

旅行費用を抑える工夫も必要です。費用を考えてみてみれば、以下のように大きく3つに分かれます。

  • 1.航空券
  • 2.宿泊費(ホテル)
  • 3.現地での滞在費

この内、3は現地に行ってからのお話しですが、航空券は早く買うほど安く出来ることもあり、早め早めの行動が重要です。

  • 費用を抑えることも計画の内

お金を借りるのは最終手段

最もオススメしないのが、お金を借りて旅行に行くこと。

後で返せばいいじゃない、と、気軽に借りて旅行へと旅立つ方も多いようですが、これはあくまで必要に迫られた最終手段と考えるべきでしょう。

後でよくよく考えて見れば、返済利息で実はまた近場の海外に行けてたじゃん、などとならないよう、このあたりは冷静に考えてみましょうね。

  • ローンは非常手段と考える!

関連 社会人の頃の英語の勉強法!移住前に行った5つの効果抜群の方法とは?

まとめ

  • 旅行費用の確保は、給料天引きがポピュラーな手段。
  • 別口座にして一切手を付けない、とするのがポイント。
  • 500円玉貯金なども意外に効果的。
  • 旅行用の貯蓄プランもある。
  • 旅券を早く買うなど、費用を抑える工夫も必要。
  • ローンはあくまで最終手段!

楽しい楽しい海外旅行。
こうしてみると、多くの人が実践している給料天引きが一番効果がありそうです。

これからを考えると...

お金を借りたり節約したりも良いと思いますが、私的には経験から言うと、収入を増やしてその分旅行や貯蓄をする、ということを考えたほうが良いと思います。

サラリーマンのご家庭ならよくわかると思いますが、一口に「収入を増やす」と言っても、そんな簡単にできるものではありません。

楽しい旅行に対する貯蓄を含め、住宅ローンや各種保険などの毎月の支払い、それでも上がらない給料、と総合的に考えてみれば、今までの常識、つまり収入は全て会社依存、会社から給料をもらったものが収入のすべて、ということから離れ、新たな収入源を考える時代になって来ているでしょう。

40代後半で会社を早期退職して海外に暮らす私も、新たな収入源を獲得しつつ未来に向かって活動しています。

現在私は自分の体験を通し、先を見越して何かしなければ、何とかしていきたい、と考えている人向けに無料のメールマガジンを配信しています。

詳しくは以下をご覧ください。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です