インターネットビジネスで自由に生きる!早期退職して海外移住したJINのブログ

メルぞうに「403 Forbidden」が出てアクセスできない!対処法は海外からのアクセスか日本国内からのアクセスか!?

  2016/09/01   あとで読む

約 4 分で読めます

2016-08-20_135651

無料レポートの配信スタンドで超有名な「メルぞう」や「Xam」(ザム)。

これがある日から突然接続できなくなり、アクセスしようとすると「Forbidden」(あなたは接続できません!)とエラー表示がでるようになったんですね。

なんだ、何かサーバーのメンテナンスでもしてるのかな、と思いつつ、日をおいてアクセスしても一向にアクセスできません。メルマガは普通に配信されているし、メルマガの内容にも何かサーバーの障害やらメンテナンス情報やらも記載なく、日々が淡々と過ぎていきます。

よくエラーの内容を見てみれば「403エラー」(閲覧禁止!)じゃぁないですか。(げげ!)

これは何かあるぞ、と試しにアクセスの仕方を変えてみれば、なんだ、なんてことはありませんでした。^-^;)

ポイントは海外からか、国内からか

普通にアクセスすると表示されるエラーは以下の様なもの。

Forbidden

You don’t have permission to access / on this server.

Additionally, a 403 Forbidden error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.

これは「403エラー」というものですが、この意味するところは

  • 接続先はしっかりとあるものの「閲覧禁止」(アクセス拒否)となっている

ということなんですね。(アクセスが拒否されている...( ;∀;))

メルぞうからのメルマガも普通に配信され、ということで「メルぞう」や「Xam」(ザム)のサービス自体に問題はない、とすれば、考えられるのはアクセスしている側(つまり私です σ^-^;)の接続環境が原因、となってきます。

でも個人個人を判別してアクセスの判別をしている、ということは考えづらい...
(普通にブラウザでアクセスしているだけですし。何か怪しいアクセスしようとしているわけではありませんし)

私の場合は海外にいるため、

  • そうか、もしかしたら海外からのアクセスに対してセキュリティ的に何かしているのかも
  • アクセスしているIPアドレスで判断して日本国内からのアクセスと海外からのアクセスを判別しているのかな?

ということですね。

何のことはありませんが、試しに「VPN接続」というものを利用して、国内IPアドレスでアクセスしてみれば、普通にアクセスできました。(今後メルぞうにアクセスするのに一手間増えることになりました(笑))

VPNサービスを使えば簡単解決

VPNとは「Virtual Private Network」(バーチャル・プライベート・ネットワーク)、簡単にいえば、インターネット接続の途中を中継する接続サービス、という感じです。

普段のアクセスでは、

  • 私(海外など) → メルぞう(などのサイト)

という直接のアクセスですが、これを、

  • 私(海外など)→  VPN → メルぞう(などのサイト)

という形にするんですね。

これを見れば分かりますが、VPNの接続先として日本を選べば、

  • 私(海外など)→  VPN(日本) → メルぞう(などのサイト)

というように、メルぞう(などの日本国内サービス)から見た場合でも「日本国内からアクセスされている」、といったアクセスができます。

海外からのアクセスは遮断しているけど国内からのアクセスは許可している、という場合では、これで問題なくアクセスできる、ということになりますね。

筑波大学の公開VPNサービス

無料で使えるVPNサービスは沢山ありますが、私が必要となってたまに利用するのが「VPN Gate 筑波大学による公開 VPN 中継サーバープロジェクト」

このサービスは無料で提供され、それでも利用できる接続先(サーバー)を探す手間が多少かかる、ということはありますが、少しだけ使う、という時にはとても便利です。

使い方は簡単です。

  • 筑波大学の公開VPNの使い方
    • 専用アプリをダウンロード
      ↓↓↓↓↓↓
    • アプリを起動
      ↓↓↓↓↓↓
    • 接続先を選択

詳しくは「筑波大学の公開VPN」の以下のページから見てみてください。http://www.vpngate.net/ja/howto.aspx

Windowsでは、上記のページからWindowsのところにある「SoftEther VPN (推奨)」を選べばよいと思います。

ご利用の注意点

注意が必要なのは、

「VPN Gate 中継サービスを有効にし、ボランティアとして実験に参加する」

をチェックすると、

  • あなたのPCを経由して、他の人がインターネットにアクセスすることができるようになる

ということです。
つまり、あなたのPCを中継点として他の人が自由に利用できるようになる、っていうことですね。

初期状態はオフになっているはずですが、アプリをインストールした後、念のため、この設定がどうなっているかは必ず確認しておきましょう

確認の仕方は以下のとおり。
(WindowsのSoftEther VPNの例です)

まず、アプリのメニュー「ツール」から「動作モードの変更」を選択。

2016-08-20_144502

↓↓↓↓↓↓

その後「VPN Gate サービスの設定」をクリック

2016-08-20_144542

↓↓↓↓↓↓

「VPN Gate 学術実験に参加しますか?」といったVPN Gate サービス コントロールパネルが開かれれます。

この中で、
「VPN Gate 中継サービスを有効にし、ボランティアとして実験に参加する」
にチェックが入っているかどうか確認。

2016-08-20_144628

参加しない、良くわからない、という場合には、チェクをオフしておきましょう。

最後は「OK」をクリックで、確認は終了です。

VPN接続の実際

実際の使い方の詳細は、筑波のサイトをみてくださいね
ここで実際にVPNサービスを使うところを、簡単に見ておきます。
(WindowsのSoftEther VPNの例です)

アプリ内に表示される「VPN Gate 公開 VPN 中継サーバー」をダブルクリックしてみてください。

2016-08-20_145055

↓↓↓↓↓↓

すると以下のように、接続できる中継点(サーバー)が一覧表示されます。

2016-08-20_145308

この中から日本国内の中継点に接続したい場合には「国・地域」で「Japan」と表示されるところをダブルクリックします。

↓↓↓↓↓↓

その後以下の様なウインドウが表示されるので「OK」をクリック

2016-08-20_145504

↓↓↓↓↓↓

うまく接続できるようであれば、以下のようなウインドウが表示されます。

2016-08-20_145618

接続できない場合には以下の様な表示がされます。

2016-08-20_145714

この場合には「接続の中断」をクリックして別の接続先を選択してみてください。

これらを繰り返して、国内の中継点(VPNサーバー)に接続すれば、海外からのアクセスでも、日本国内からのアクセスとなる、っていうことですね。

接続ができると、以下のように「接続完了」という表示になっていることで確認できます。

2016-08-20_145918

VPN接続の切断方法

この筑波のVPNサービスの使い始めで戸惑うのが、VPN接続の切断の仕方です。

あれ、どうすれば良いんだろう、とあれこれ切断できるメニューなどを探したり、Windowsのネットワーク設定で切断するのかな?などと思ったりしてしまいますが(それは私です(笑))至って簡単です。

2016-08-20_150233

アプリに表示されている「VPN Gate Connection」を右クリックするとメニューが開かれ、その中にある「切断」を選択すれば、VPN接続が切断できます。
(普段使っている家庭のWiFiなどに接続が戻ります)

アプリを終了する場合

アプリを終了する場合は、念のため、以下をしておいたほうが良いかもしれませんので補足です。

アプリの下段に「仮想 LAN カード名」という欄があり、その中に「VPN Client Adapter – VPN」というものがあります。

2016-08-20_150552

ここを右クリックしてメニュー表示し、「仮想LANカードの無効化」をしておいた方が良いかも知れません。(念のためですが)

次回VPN利用のためにこのアプリを使用する場合には、同様の操作で再び有効化して利用することになります。

関連記事 >
tv
海外に長くいると恋しくなる事の1つは、なんといっても「日本のテレビ番組を見る」ということです。日本語で日本の番組を見る。日本にいれば当たり前ですが、これが海外となると当たり前のようにできません。有料放送でみる、というのは

今回のまとめ

メルぞうの話より、VPN接続の仕方の内容が色濃くなってしまいましたが、

  • メルぞうは海外からのアクセスはできなくしている
  • VPN接続を利用すれば、海外からでも問題なくアクセスできる

ということになります。

どうしてもアクセスできない!という場合には、このようにまず接続しようとしている環境に何か変化はないか、とか、そもそも私のように海外から、といった、一般的なアクセスとは少し異なるところからアクセスしているのかなどを確認してみると、割りと簡単に解決の糸口が見つかるかもしれません。

焦らず騒がず、冷静に環境などを見なおしてみましょうね。

またネットでの収益化について興味のある方は、是非以下のメルマガにも登録してみてください。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です