インターネットビジネスで自由に生きる!早期退職して海外移住したJINのブログ

グーグルアドセンスの広告が突然表示されなく真っ白に!確認すべきはPIN情報!

 2016/02/06   あとで読む

約 3 分で読めます

ブログで稼ぐには非常に効果的なグーグルアドセンス。

このアドセンスを利用すると記事を書くだけで収入を得られる、記事内容によって適した広告が自動的に表示される、といった手軽さから、入門者は勿論、これ一本で独立して起業される方もいるほどです。

そんなお手軽で非常に効果の大きいアドセンスですが、

  • 気がついから広告が何も表示されていない!
  • ペナルティーを受けてしまったのでは?!
  • どうしよう!うぎゃ~  (|||゚Д゚) !!!!!!

と頭の中が真っ白になってしまう、といった場合もあるようです。

ここでは特に利用し始めの方の注意点と、その解決法を見てみましょう

広告が表示されない理由

広告が表示されない理由としては、

  • 1)広告利用のための正しい手続きが踏まれていない
  • 2)広告コードが正しく貼り付けられていない
  • 3)グーグルのルール(ポリシー)に対して重大な違反

ということがあげられます。

1)の正しい手続きが行われていない場合でも、しばらくすれば表示するさ、などと放置しておくと、アカウントの停止(つまりグーグルアドセンスのページにログインも出来なければアドセンスの利用も一切できなくなる)ということにもつながります。

ここでは特に1の「正しい手続きが行われていない場合」について解説します。

2)の広告コードの貼り付けが怪しい、と思われる場合には、一度新たに広告コードを取得し直し、広告コードの差替をしてみてください。

3)のポリシー違反は重大で難しい問題ですが、グーグルからメールなどで連絡がくるはずですし、また以下の記事も参照してみてください。

正しい手続きで忘れがちなこと

「正しい手続き」と行っても難しいものではありません。

グーグルアドセンスの申請が通った後、忘れがちなのがPIN情報の設定です。

PINとは「個人識別番号」(Personal Identification Number)のことで、これはグーグルが利用者に対して、

  • 利用者の住所確認をするために
  • アドセンス収入が基準額(1000円)を超えると、
  • PIN(個人識別番号)が郵送で送られる

といったものです。

その郵送で送られてきたPIN情報をグーグルアドセンスにログインして設定すればOKです。

知っていれば何のことはないし、郵送されたものを見れば「送られてきたPIN情報を入力するだけのもの」のため「通常は問題になることはない」といったところですが、これが諸事情によって忘れてしまう場合もあり、

うわ!広告が表示されない!
どうしよう、どうしよう

となってしまうというわけです。

PINに関する最新情報はグーグルの以下のページで確認してみてくださいね。

第一の対処法と有効期限について

この郵送で送られてくるPINの有効期限は4ヶ月。

その有効期間内にPIN情報を設定していない場合、

  • 期限が切れた瞬間に広告配信がストップされ、
  • 広告が表示されない!真っ白になった!頭のなかも真っ白!

という状況になります。

ブログ全体の広告が真っ白、非表示となった場合には、まずはグーグルアドセンスにログインしてみてください。

重大なルール違反(ポリシー違反)ではなく、PIN情報が設定されていない、といった場合には、PIN情報が設定されていない旨の表示が上段に赤帯の白文字みたいな目立った形でされているはずです。

クリックして対処の方法のページに移動でき、そこからPIN情報の再リクエスト(再度郵送してもらう依頼)をすることができますので、まずはコーヒーでも飲んで落ち着きましょう。^◇^)ゞ

再リクエストの回数と注意点

PIN情報の発行の回数には上限もあり、発行は最大3回となってます。

一度目を逃したら、再リクエストは2回までできる、となりますね。

グーグルアドセンスの申請を通過後、

  • 実は引っ越しして住所が変わっていた
  • グーグルからのお知らせをダイレクトメールや広告と間違えて家族に捨てられていた

ということもありますので、まずはグーグルアドセンスに設定している住所を確認、そしてグーグルから何か郵送されるものがある、ということを特にご家族には伝えておく必要があると思います。

グーグルからの葉書のサンプルもありますので、一度ご家族に見てもらっておくほうが安全です。

最大リクエスト回数を超えてしまった場合

PIN情報の発行に対して、再発行の上限回数を行っても郵送されない!という場合にも、以下のように公的な身元確認書類などでPIN情報を取得する、といった手段も用意されています。

アカウントにログインして [ホーム]タブに表示される通知で、お問い合わせフォームから住所の公的証明書類を送付する方法をご確認ください

(引用元:AdSense ヘルプ – 住所(PIN)確認の概要

このように最大リクエスト回数を超えた場合でも救済手段がありますので、慌てず騒がず、手続きをしてみましょう。

まとめ

  • 広告が非表示になる原因はペナルティーだけではない
  • 特にアドセンスを使い始めの頃に忘れがちなのがPINの設定
  • 広告が非表示となった場合には、グーグルアドセンスにログインし、何か情報が表示されていないか確かめるのが第一

いきなり広告が非表示になると、パニックになるのは当然です。

それでもそこはまず落ち着いて、グーグルからメールが届いていないか、グーグルアドセンスのページにログインして、何か情報が表示されていないか、をまず確認してみましょう。

手動ペナルティーなどで圏外に飛ばされる、といった場合の原因究明と立て直しは困難を極めますが、広告の非表示、といった場合は、ここで見たように意外にうっかりとした何かのし忘れという場合があります。

広告が1ヶ月ぐらい非表示となりますが、まぁ、そこは大目に見て1つの大きな経験を積んだということで、前を向いてまた1つ1つ頑張りましょう!

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です