インターネットビジネスで自由に生きる!早期退職して海外移住したJINのブログ

メルマガ読者がどこから登録したかを知りたい!アスメル登録フォームのカスタマイズ

 2016/03/02   あとで読む

約 4 分で読めます

news-634808_1280

メールマガジンを発行する、ということは、勿論まず登録フォームなどで読者にメルマガへ登録していただく、ということになります。

ここで、この登録していただく登録場所が、トップページ、記事下、登録専用ページ、無料レポートなど複数ある場合、サイト構築を検討する上でどこからの登録か知りたい!という場合があります。

複数のサイト、ブログを運営している場合などは特にどのサイト、ブログから登録して頂いたのか把握したい、という場合もありますね。

ここでは、人気のメルマガ配信スタンド「アスメル」の場合、登録フォームをどうすれば良いかを見てみます。

こちらも人気のメルマガ配信スタンド「エキスパ」の場合では、以下の記事を参照してみてください。

メルマガ読者がどこから登録したかを知りたい!エキスパ登録フォームの設置の方法

アスメルはとっても簡単

エキスパでは登録フォームを複数用意する必要がありますが、アスメルの場合はとても簡単です。

  • 1)フリー項目を使用するに設定(非表示で使用)
  • 2)登録フォームのURLに「&touroku_free1=場所」を付加する

以上なんですね。^◇^)ゞ

では1つ目のフリー項目の設定から順に見てみます。

1)フリー項目の設定

まずはメルマガの選択です。

管理画面から、目的のメルマガの「設定」をクリック!

2016-03-01_195806

↓↓↓↓↓↓

続いて「基本設定の編集」をクリック!

2016-03-01_201004

↓↓↓↓↓↓

編集画面から、下方の「フリー項目」を設定します。

2016-03-01_201236

ここではフリー項目1を利用する方法から見てみます。
(他のフリー項目を利用する場合は下方を参照)

  • 「フリー項目1」を「非表示」に設定
  • 「表示名」を「登録場所」と入力(どんな名前でもOK)

以上で保存して設定は終わりです。

2)登録フォームのURLの取得

続いて、登録フォームURLの修正です。

対象のメルマガ(ここでは「テスト用メルマガ」)の登録フォームURLを確認します。

2016-03-01_201946

登録フォームURLをクリック!

↓↓↓↓↓↓

登録フォームが表示され、アドレスバーに登録フォームURLが表示されます。

2016-03-01_202308

登録フォームURLをコピーします。

3)登録フォームURLの編集

最後に上でコピーした登録フォームURLに場所の情報を付加します。

これはとても簡単で、URLの最後に「&touroku_free1=場所」をつければOK。

ここで登録場所が3箇所あり、それぞれ場所を「トップページ」、「記事下」、「サイトB」として各々の登録場所が知りたい、という場合には、各登録フォームURLを以下のようにすればOKです。

  • トップページ用
    https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=000001&touroku_free1=トップページ
  • 記事下用
    https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=000001&touroku_free1=記事下
  • サイトB用
    https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=000001&touroku_free1=サイトB

実際各々のURLで表示される登録フォームから登録してみると、以下のように登録フォーム別に情報が追加されます。

2016-03-01_204114

別のフリー項目を利用

上ではフリー項目を1つだけ利用しましたが、別のフリー項目も利用してみます。

以下のように、フリー項目1~3の3つを同様に「非表示」に設定し、表示名を各々「登録場所01」「登録場所02」「登録場所03」とします。

2016-03-01_205201

登録フォームの編集では、フリー項目1の場合にはURLに「&touroku_free1=場所」をつければ良かったですが、他のフリー項目でも基本は同じです。

  • フリー項目2では「&touroku_free2=場所」
  • フリー項目3では「&touroku_free3=場所」

と、freeの後の数字を変えるだけ。

  • https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=000001&touroku_free1=トップページ
  • https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=000001&touroku_free2=記事下
  • https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=000001&touroku_free3=サイトB

のようになります。

では各々のURLで表示されるメルマガ登録フォームから登録するとどうなるか、と言えば、以下のようになります。

2016-03-01_205703

この例のように登録場所ごとにフリー項目を使って分けると、一覧で見る場合には一目瞭然。

どこからの登録が多いか直感的に分かりやすい、というメリットがありますね。

ブログへ登録フォーム埋め込みの場合

HTMLタグを利用してブログへメルマガ登録フォームを埋め込む場合も簡単です。

まずは登録フォームのHTMLソースを取得します。

2016-03-01_210410

「HTMLソース」をクリック!

↓↓↓↓↓↓

HTMLソースが表示されますが、HTMLソースの中に以下の行があります。

  • フリー項目1だけ利用の場合
    <input type=”hidden” name=”touroku_free1″ value=””>
  • フリー項目1、2,3を利用する場合
    <input type=”hidden” name=”touroku_free1″ value=””>
    <input type=”hidden” name=”touroku_free2″ value=””>
    <input type=”hidden” name=”touroku_free3″ value=””>

これらの行の中で、以下のように「value=””」に登録場所を設定すればOKです。

  • フリー項目1だけ利用の場合
    • トップページのメルマガ登録フォーム用
      <input type=”hidden” name=”touroku_free1″ value=”トップページ“>
    • 記事下のメルマガ登録フォーム用
      <input type=”hidden” name=”touroku_free1″ value=”記事下“>
    • サイトBに設置するメルマガ登録フォーム用
      <input type=”hidden” name=”touroku_free1″ value=”サイトB“>
  • フリー項目1、2,3を利用する場合
    • トップページのメルマガ登録フォーム用
      <input type=”hidden” name=”touroku_free1” value=”トップページ“>
    • 記事下のメルマガ登録フォーム用
      <input type=”hidden” name=”touroku_free2” value=”記事下“>
    • サイトBに設置するメルマガ登録フォーム用
      <input type=”hidden” name=”touroku_free3 value=”サイトB“>

※)フリー項目1、2,3を利用の場合
 値を設定しない行はそのまま残しても消してもOK

これらの登録フォームを利用して読者登録した結果は、上で見てきたものに同じになります。

今回のまとめ

  • アスメルでは、URLに付加情報を付けることで、簡単に登録元情報を含めたメルマガ登録フォームができる
  • 1つのフリー項目の利用でもできるし、登録場所の数に応じて複数のフリー項目を利用してもOK
  • HTMLソースを利用したサイト埋め込みの登録フォームでも対応可能

アスメルの場合、サイト埋め込みの登録フォームでない場合には、登録場所の情報付加は非常に簡単です。

またサイト埋め込みも勿論できるため、登録元の情報を入れたい!という場合には、是非活用してみてください。

あなたのサイトの構造評価につながると思います。

早期退職して海外で奮闘する JIN のメールマガジン

時間や場所に縛られず稼いだJINが教える

~ 最短最速で月収10万円を手に入れる方法 ~

苗字(必須)

隣のあの人にも、思わず教えたくなる秘密

配信停止は、いつでもできます

お預かりした情報は保護されます

迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です